旅も人生も、もっと楽しく編集できる。

食べ物を残さずに完食するのはNG?海外では通用しない日本の常識

赤池リカ
赤池リカ
2020/02/14

日本で常識と考えられているマナーが、他の国ではとんでもない非常識な行動に見られることがあります。

今回ピックアップするのは、中国での食事マナー

古くから日本文化に影響を与えている中国ですから、日本と似たマナーがあるかと思いがちですが、実は日本とは正反対のマナーも存在するんです。

食事を残さず全て食べるのはNG/中国

image by:Shutterstock.com

日本では、食事の席で出されたものは残さず食べることが一般的な常識だと考えられていますよね。子どものころから、「作ってもらった食事は残さず食べる」ように両親から教えられてきて育った人がほとんでしょう。

しかし、これは中国のマナーとしてはNGになることも。

実は、中国では出された食事を残さず食べることは「食事が足りなかった」という意味になってしまいます。

客人に対して、豪快なおもてなしをする中国では、お腹いっぱいになってもらうことが相手に対するマナー。

「自分がしっかりおもてなしをしています」というアピールにもなることから、食べられないようなたくさんの食事を作ったり、オーダーしたりするのだそう。

image by:Shutterstock.com

ただし、近年では食糧問題や環境保全の観点から残さず、こういった考え方は薄くなってきたのだとか。


100%当てはまる風習ではないようですが、中国に行った際や、中国人の知り合いのかたの家に招かれたときは、このマナーを覚えておくといいかもしれませんね。

大学時代にドイツへ1年間留学。卒業後は旅行・グルメ・恋愛系のライターとして活動中。大好きなハンバーガーとビールのために、休日はボルダリングとヨガで汗を流す。

SoftBank光 SB光への乗り換えで3.8万円キャシュバック&他社違約金も満額還元中!
保険見直し本舗 プロが無料で教える!無駄な保険をリストラしつつ保障を維持する方法
食べ物を残さずに完食するのはNG?海外では通用しない日本の常識
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます