旅も人生も、もっと楽しく編集できる。

高知駅から走ってGO。市街と浦戸湾を一望できる絶景「五台山公園」

“走る”フリーライター・三河賢文
“走る”フリーライター・三河賢文
2019/12/21

近距離を効率よく、そして気軽にめぐって楽しむことができる旅×ランニングの「旅ラン」。

高知県でそんな旅ランを楽しむなら、オススメなのが「五台山公園」までの道のりです。距離は片道約6kmとほどよく、公園内には高知市街や浦戸湾を一望できる展望台が設けられています。

そして高知駅にはコインロッカーがあるので、荷物を預けて走りに行くことも可能。今回は五台山公園までの道のり、そして展望台からの絶景を、旅ラン気分でぜひご覧ください。

五台山公園までの旅ランコース!

image by:三河賢文

高知駅をスタートして、まずは駅前にある「はりまや通り」を進みます。はりまや橋を目印に道を曲がり、鏡川沿いに国分川を渡る青柳橋を目指しました。

鏡川を渡ってしまうと五台山公園には行けませんので、地図など確認しながら進みましょう。

image by:三河賢文

道沿いでふと横を見ると、高知の歴史に触れられるスポットも点在しています。歴史好きな方は、ぜひ足を止めて見てみてください。

image by:三河賢文

しばくすすむと、目の前にこんもり台形の山が見えてきました。よく見ると、山頂部に何やら建物も。こちらが、目的地となる「五台山公園」の展望台です。

なお、道中は歩道の狭いところも多いので、くれぐれも周囲に注意して走ってください。狭い道ながら、特に夕方以降は車の往来が多く見られました。

image by:三河賢文
image by:三河賢文


青柳橋まで来れば、五台山公園はもはや目の前。ここまで上り下りは少なく、ほぼフラットなコースです。橋からの眺めもなかなか良いので、写真をパシャリ!奥に見える橋の周辺が、ちょうど鏡川と国分川が交わる辺りです。

image by:三河賢文

走り渡り切ると、いよいよ五台山公園の入口に到着しました。ここからは、一気に山頂にある展望台まで登っていきます。なかなか急な坂道になるので、疲れた方は休憩してから向かうと良いかもしれません。

三男一女の大家族フリーランス。中学〜大学まで陸上競技部に所属(中・高:中・長距離、大学:十種競技)。引退後はコーチとして活動。7年のブランクを経て2011年7月からランニングをスタートし、現在はトライアスロンやウルトラマラソンにも挑戦しています。

株式会社和心 いつか夢みた、着物デート。新たな彼の一面を知った金沢旅
高知駅から走ってGO。市街と浦戸湾を一望できる絶景「五台山公園」
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます