旅も人生も、もっと楽しく編集できる。

都内近郊で癒しの時間を。緑豊かな関東エリアの「パワースポット」16選

Array
2021/07/10

神秘的な雰囲気を楽しめる「パワースポット」。荘厳で清らかなパワースポットは、訪れるだけで心と身体を癒してくれます。

縁結びや開運スポットから、マイナスイオンたっぷりの滝まで実にさまざまですが、気分を一新するときに最適です。

そこで今回は、東京近郊・関東エリアのパワースポットをいくつかご紹介していきます。

※本記事は新型コロナウイルス感染拡大時のお出かけを推奨するものではありません。新型コロナウィルスの海外渡航・入国情報および各施設の公式情報を必ずご確認ください。

群馬県でおすすめのパワースポット

吹割の滝/沼田市

image by:photoAC

片品川にある滝で、水の侵食によってできた河床の割れ目に水が流れ込んでいるのが特徴です。

高さ7m、幅30mと幅広なことから「東洋のナイアガラ」と呼ばれており、国の天然記念物に指定。また名勝のひとつで、「日本の滝百選」にも選ばれています。

この「吹割の滝」は竜宮に通じていると信じられており、その昔、村の人々はこの滝を通じて竜宮から膳椀を借りていました。

ところがあるとき1組だけ返し忘れたため、それからは貸してもらえなくなくなったのだとか。そしてこの膳椀は「竜宮の椀」と呼ばれ、その後大切に保存されたそうです。

榛名神社/高崎市

image by:photoAC

平安時代の10世紀前半には存在していたという由緒ある神社です。群馬県有数のパワースポットといわれており、社の入口から本殿まで約700mある参道を歩くだけで禊(みそぎ)になるといいます。

境内は巨岩・奇岩の宝庫。アーチ状の「鞍掛岩(くらかけいわ)」は、榛名山の火山活動の噴出物が洞窟状になり、その後崩落してアーチ状になったのだとか。


また、円錐形の「九折岩(つづらいわ)」も火山活動の噴出物が侵食されたものとされています。

本殿に向かう途中にある双龍門(そうりゅうもん)の脇には「鉾岩(ぬぼこいわ)」と呼ばれる巨石が並び、門を圧倒する大きさ。そして本殿の裏にある「御姿岩(みすがたいわ)」は本殿と接しており、奥にはご神体を祀ってあります。

不二洞/上野村

image by:Saigen Jiro, CC0, via Wikimedia Commons

全長約2.2kmという関東で一番長い鍾乳洞で、群馬県の天然記念物に指定されています。ただし、長さは今までにわかった範囲でのことです。

洞内には、七度撫でて願をかけると叶うという石柱「閻魔の金剛杖」というパワースポットをはじめとして、大石柱の「灯の柱」、石筍が段をなして並ぶ「五百羅漢」など奇観がたくさん。

総社神社/前橋市

image by:photoAC

第10代崇神天皇の皇子豊城入彦命が経津主命を祀ったのが始まりとされています。上野國(群馬県)にある549社の総社で、549社の神様を合祀した記録である上野国神明帳が宝物です。

栃木県でおすすめのパワースポット

華厳滝/日光市

image by:photoAC

中禅寺湖の水が落ちてつくりだす滝で、高さは約97mで「日本三大名瀑」のひとつ。

観瀑台は滝の上と下に一つずつあり、滝つぼにある下の観瀑台は3つのフロアに分かれているので、さまざまな角度から滝を見ることができます。

滝の向かって右側にある「柱状節理の岩壁」や、華厳の滝の中段から流れている「十二滝」など、見どころも満載です。

日光二荒山神社/日光市

image by:photoAC

8世紀後半の創建で、大己貴命、田心姫命、味耜高根彦命を祀っています。境内はパワースポットの宝庫で、別宮の滝尾神社の鳥居は「運試しの鳥居」と呼ばれており、鳥居の穴に小石を投げて、穴を通ると願いが叶うのだとか。

滝尾神社には、あらゆる縁結びにご利益があるという「縁結びの笹」もあります。そして、境内にある「夫婦杉」は夫婦円満、「親子杉」は家族円満・一家繁栄のご利益があるとされています。

茨城県でおすすめのパワースポット

袋田の滝/大子町

image by:photoAC

久慈川の支流滝川にかかる滝で、高さ約120m、幅約70mの大きさを誇る「日本三大名瀑」のひとつです。滝の流れが岩壁を四段で落ちることから「四度の滝」とも呼ばれています。

四季それぞれの美しさがありますが、なかでもは格別です。滝が凍り、一大モニュメントに大変身。さらに国の名勝に指定されているほか、「恋人の聖地」にも認定されています。

鹿島神宮/鹿嶋市

image by:photoAC

神武天皇元年創建と伝えられる由緒ある神社で、武甕槌大神を祀っています。

1619(元和5)年に寄進された本殿など貴重な建造物が多くありますが、茨城県指定の天然記念物の「樹叢(じゅそう)」、水戸黄門でおなじみの徳川光圀が7日7晩掘らせても掘り起こせなかったという「要石」、1日に40万リットル以上の水が湧くという「御手洗池」など、パワースポット盛りだくさんの場所です。

いま読まれてます
都内近郊で癒しの時間を。緑豊かな関東エリアの「パワースポット」16選
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます