旅も人生も、もっと楽しく編集できる。

第3次台湾グルメブーム、主役の座を奪うのは一体どれ?

村田由美子
村田由美子
2020/01/17

タピオカミルクティーをはじめ、いまや日本国内でもすっかり当たり前になった台湾グルメ。現在はスイーツを中心とした第2次ブームのピークといわれています。

それでは、来たるべき第3次ブームの中心となるスイーツは、一体なんなのでしょうか?ホットペッパーグルメ外食総研が調査した結果から、今後人気をさらに得そうなスイーツをランキングでご紹介します。

第10位 仙草(6.1%)

image by:Shutterstock.com

仙草」はシソ科の植物。これをスイーツにしたのが、「仙草ゼリー」です。見た目は真っ黒でコーヒーゼリーのよう。そのままだと苦味があるので、シロップやハチミツをかけて食べます。仙草ゼリーだけを食べることも多いのですが、かき氷のトッピングにする食べ方も人気がありるのです。

仙草には解毒効果があるそうで、吹き出物の防止や便秘解消にも役立つとされています。また、熱中症・高血圧・糖尿病を防ぐ効果もあるといわれており、台湾では健康食品としても高く評価されているのです。

第9位 三味湯圓(6.3%)

image by:Shutterstock.com

三味湯圓(サンウェィタンユォン)」は、黒ゴマあん入り団子、タロイモ団子、烏龍茶団子を入れた温かいデザートスープです。アクセントとして、キクラゲ、クコの実、龍眼、黒タピオカなどもよく入れます。甘さが控えめでほかのスイーツの邪魔をしないところに注目され、人気が上昇しているようです。

第8位 タロイモミルク(8.8%)

image by:Shutterstock.com

名前のとおり、タロイモとを入れたタピオカミルク「タロイモミルク」。クリームでトッピングしてあります。新鮮なミルクと、タロイモのトロリとした舌触りや甘さとのコラボレーションが好評で、日本での販売も続々と始まっています。

ライター歴14年。美容師として働いていた時に出会った映画『ロード・オブ・ザ・リング』三部作に多大な影響を受けライターへと転身、多数の現場取材やインタビューを行う。海外プレミア/レッドカーペット・イベントへ足を運ぶことがライフワーク。

SBIネオモバイル証券 「Tポイントで株を買う」資産運用術とは?ポイ活の新しい出口戦略
SoftBank光 SB光への乗り換えで3.8万円キャシュバック&他社違約金も満額還元中!
保険見直し本舗 プロが無料で教える!無駄な保険をリストラしつつ保障を維持する方法
第3次台湾グルメブーム、主役の座を奪うのは一体どれ?
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます