旅も人生も、もっと楽しく編集できる。

お湯に浸かりながらお酒が飲める!話題の“銀座裏コリドー”「ゆBAR」

現役アイドル「ゆBARガール」がおもてなし!おしゃべり・デュエット・足湯までできる

2つ目は、「ゆBARガールズメニュー」というもの。こちらはエントランス料金を支払い、飲みもの、カラオケにもそれぞれ料金がかかる。簡単にいうと、女の子とお話したり、お酒を飲んだり、カラオケできるというサービス。………って、それじゃ、キャバクラと何が違うの?って話になりますが、全く違います。

ゆBARガールを務めるのは、グラビアやダンスユニットなどで活躍している現役バリバリのアイドルさん♫筆者が取材に訪れた日のゆBARガールズは、グラビアアイドルとして活動されてる橘 亜沙美(@asami_tachibanaちゃん。

取材日はちょうど、Xmasイベントの初日であったこともあり、サンタの衣装でお出迎え。普段は“ゆBAR”と書かれたTシャツを着用しているが、サンタの衣装も似合ってる!!とっても、キュート♡♡♡

現役グラドル、亜沙美ちゃんとまさかの乾杯!いただいたのはサントリーのジャパニーズウイスキー「季(とき)1,200円」。

普段生活してて、現役バリバリのグラビアアイドルに出会えることなんてないから多少緊張していたけど……。お酒の力で会話も弾む!その後は……

亜沙美ちゃん

ぜひぜひ、足湯にも浸かってください♡

石井

うん、入る入る〜〜〜♡♡

こんな可愛い子に“お風呂”に誘われたら即答でしょ。たらいの中に足を突っ込むと、亜沙美ちゃんはやかんのお湯をたらいにそぉ〜っと注いでくれる。

「あったかいなぁ。はぁ。ええ気持ちや〜。幸せや!幸せやで?オレ」そんなことを思っていると…。

「湯加減どうですか〜??」なんて上目遣いで言われちゃったりなんかして…。

ほっ


ほれてまうやろ〜〜!!!!!!!!…と湯加減はちょうど良かったのだが、筆者の亜沙美ちゃんへの思いは、完全に沸騰!少々、のぼせてしまった。デレ(〃^∀^〃)ゞデレ

デレデレしている場合じゃないので、肝心な「料金」について話をしておこう。

ゆBARガールズの料金はエントランス代として4,000円を支払うというシステム。これを高いととるか安いととるかは人それぞれであるが、現役バリバリのアイドルとこんなに近くで会話をしながら酒が飲めて、さらには足湯のサポートをしてくれるBARなんて、ここ以外にはないのではなかろうか。

というのが筆者の見解である。

また、損をしなくなかったらお店のSNSはフォローしておくのがオススメ!だって、お店のTwitterとInstagramをフォローすると、エントランス代は1,000円割引の3,000円になるというお得情報が堂々とメニューに表記されていたから。たった3,000円支払うだけで、ゆBARガールズとの“癒やし”のひとときを過ごせる権利を手に入れることができてしまう。

ただし、当然ながら“お触り”などは厳禁!いくら盛り上がっても、骨抜きされても、筆者のように惚れちまっても、これはあくまでサービス内、お店の中だけの話。節度は大切に!マナーある行動も酒場の掟。決して忘れてはいけませんよ。もしルール違反したら、こんなに満面の笑みを浮かべる亜沙美ちゃんも…

本気で、怒っちゃうゾ♡

プンプン٩(๑`^´๑)۶

と、警告アナウンス!…かっかかかわいい〜〜かわい過ぎるぜ!亜沙美ちゃぁぁぁぁん!!!!

足湯できるエンタメBAR「ゆBAR」にぜひ遊びに行ってみて!

…と終始、亜沙美ちゃんにデレ(〃^∀^〃)ゞデレしっぱなしの筆者。足湯にも浸かったが、亜沙美ちゃんにもどっぷり浸かってしまった。

お店自体は非常に入りやすい雰囲気なので、2020年東京オリンピックに向け、海外観光客など、これからますます注目を集める予感もしました。

“足湯”と“お酒”、さらにはゆBARガールと過ごす“癒やし”のひととき。厳しい寒さが続くこの時期、ゆBARで心身共にポッカポカになるホットな時間を過ごしてみてはいかがでしょうか?

  • ゆBAR
  • 東京都千代田区内幸町1-6-5裏コリドー2F
  • 定休日:日曜/祝祭日
  • 19:00〜24:00
  • 公式Twitter
  • source:nomooo
  • ※掲載時の情報です。内容は変更になる可能性があります。
いま読まれてます

nomoooは、「新しいお酒のトレンドを創る」を ミッションにした、お酒専門メディアです。「あなた × お酒をもっと楽しく」をコンセプト に、都内を中心に、味のある酒場や、お酒が楽し くなる飲み方などを紹介しています。

WebSite

お湯に浸かりながらお酒が飲める!話題の“銀座裏コリドー”「ゆBAR」
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます