誰のでもよかった第二ボタン。懐かしく甘酸っぱい、みんなの「卒業式」の思い出

卒業式にまつわる「一番の思い出」を教えてください!

image by:MMpai/Shutterstock.com
  • 小学校のとき、卒業生皆で卒業の言葉を紡いだ。「先生ありがとう」とか、皆で声をそろえていったり、代表の何人かが順番に言葉をいったり。私は、「初めて小学校の門をくぐったあの日が」の担当でした。40年経つのに忘れていないってことは、一番の思い出に違いない。(50代/女性)

卒業式で順番に言葉を紡いでいく。いまコメントを読んでブワッと思い出しました!確かに、なんていったのかまだ覚えています。あるあるかつ思い出に残るワンシーンですね。

  • 卒業式の演出がとてもステキで、真っ暗の中から、イエスタデイワンスモアトともに入場して、、、スポットライトもあたり、入場し終わると、自動暗幕が開いて(50代/女性)
  • 中学の卒業式は最後に学年合唱を出席者に披露する。たぶん、合唱がまだいまみたいにメジャーではないころであり、めずらしいと思う。それと、クラスごとに合唱を録音して学年のCDもアルバムと一緒にもらえた。(40代/女性)

卒業式自体にこういった演出があると、一生忘れられない思い出となりそうですね。シンプルな式しか体験したことがないので、羨ましいです!

  • 校長がスピーチの代わりに自作の曲を熱唱した。(40代/男性)
  • 卒業式のときに出会ったイケメンに年をごまかして逆ナンした。18歳とかいってた気がする。(20代/女性)
  • げんこつ喰らわすばかりの担任に記念の胴上げしようとしたら「お前ら仕返しか?」とひるんだ顔していた。(60代/男性)

校長先生の自作曲熱唱、アクがつよい。成人式で熱唱する、熊本県阿蘇市の佐藤義興市長を思い出しますね。曲や雰囲気によって思わず笑ってしまう明るい式になるのか、しんみりするのか分かれそうです。

そして担任の先生の「お前ら仕返しか?」、いわゆるお礼参りだと思ったのでしょうか。胴上げは最後まで落とさずやりましたか?

  • 卒業式の日、好きだった子に何も言えなかった。帰る下駄箱でその子に遭遇した。お互い目が合った。二十年以上経っても鮮明に覚えている。 夜みんなで飲みに行った。楽しかった。(30代/男性)

その一瞬が焼きつく。まさにそれですね。ケツメイシの『さくら』が流れてきそうな素敵なシーンです…。

  • 中学時代の友達と飲んでいる時に、第二ボタン誰にあげたか(男子)、誰からもらったか(女子)で盛り上がった。その時、その場にいた女性陣3名が、「好きでも、気になっていたわけでもないけど、手ぶらで帰るのさみしいから、隣の席の男子からもらった。誰でもよかった」というコメント聞いて、自分の中の第二ボタン幻想が崩れ落ちた(40代/男性)

落差がすごい。「誰でもよかった」の言い方。えっ、いままで聞いてきた第二ボタンの思い出は…?と不安になりますが、前述のように彼氏さんのボタンすべてを引きちぎった女性もいるので「好意」がある第二ボタンの受け取りもあったと思いましょう。

  • 1970年といえば、大学がひっくり返っていた年。その年に大学を卒業。つまり卒業式は執り行われることはなかったのが、むしろ一番記憶に残っている。(70代〜/男性)

1970年にご卒業ということは、ちょうど全共闘運動大学紛争のころですね。写真や映画で見たことがあるだけですが、あの時代を大学生としてリアルに過ごしていたこと、確かに人生においても大きな記憶・思い出となりそうです。

今回のアンケート結果では「あの時は幼かった…もっとはじけてもよかったかな」(50代/女性)と答える方も。学生時代というのはとても長いようでいて人生のなかでは短くて、広い世界に感じていたけど実はとても狭い世界です。

だからこそ、いくつになっても思い出として深く胸に刻まれているのではないでしょうか。


2020年に卒業を迎えたみなさん、おめでとうございます。すべてが良い思い出だけじゃなく、つらい思い出もあったことかと思います。逃げても立ち止まってもいい、いまそれらを乗り越えて卒業を迎えられたこと自体が本当に素晴らしいことなのだと、ミズサワは思います。

もうすぐ新年度。素晴らしい未来が花ひらくことを、心よりお祈り申し上げます!

アンケートはこちらから!

※投票結果および途中結果についてのご質問・お問い合わせにはお答えできません。
※本アンケート結果は集計の後、本メディア(https://tripeditor.com/)内にて公開予定です。なお、個人が特定される情報の公開はありません。
※弊社プライバシーポリシーについてはこちら(外部ページ)をご確認ください。

いま読まれてます

平成生まれ、神奈川県川崎市出身、浅草在住。雑誌・Webの編集者です。ライターとしてフリーランスでも活動しています。ホテル宿泊マニアで、お酒とカメラとドライブが趣味。

お問い合わせ・お仕事のご依頼はこちら

エアトリインターナショナル 2024年はここが狙い目!海外旅行に行くなら穴場「ケアンズ」へ
誰のでもよかった第二ボタン。懐かしく甘酸っぱい、みんなの「卒業式」の思い出
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます