旅も人生も、もっと楽しく編集できる。

2011年春。田舎から上京した私が初めて知った都会は足立区「北千住」だった

Array
2020/09/16

初体験が詰まった「北千住」をめぐる

image by:赤池リカ

東京メトロ千代田線に乗り北千住駅に降り立つと、いつも学校帰りに通っていた地下通路が見えてきました。そうそう、この感じ。

地上に出るための階段を登ると、当時は踊り場にレトロな食堂「コーワ」がありました。素敵な雰囲気でお蕎麦から定食まで、学生から働く人たちを支えていたんです。が…いつの間にか「銀座ライオン」に。

image by:赤池リカ

確か「コーワ」は早朝から営業していて、食堂のおばちゃんがとても親切で、何度か学校へ行く前に立ち寄った記憶があります。調べてみると、どうやら私が北千住から引っ越す時期と同じくして閉店してしまったみたいです。

食堂がなくなってしまったのはとても残念ですが、大学生時代を思い出しながら階段を駆け上がります。

image by:赤池リカ

東京メトロ北千住駅の2番出口の階段を上り、地上へ出るとすぐ左手にマクドナルドがあります。そのマクドナルドを左手に、てんやと日高屋を右手にして進むと、突如現れるディープな飲屋街。

ここは通称「飲み屋横丁」と呼ばれており、細い路地には立ち飲み屋から大衆居酒屋まで、歴史あるお店が軒を連ねています。

後日訪れてハマった焼き鳥屋さん「五味鳥」、おすすめです。image by:赤池リカ

ヤングのころは少し敷居が高いと感じていましたが、お酒が飲めるいまとなれば、仕事終わりに立ち寄りたくなるステキなお店ばかり。ちなみにその近くには当時金欠だったころ、体験入店したキャバクラ店があります。初めての水商売でした。

もちろん北千住の魅力は飲み屋だけではありません。

image by:赤池リカ

北千住を訪れたら外せないのが「千住ほんちょう商店街」です。100店舗を超えるお店が軒を連ね、かつて江戸時代には旧日光街道として栄えていた歴史を持ちます。


場所は北千住駅西口から徒歩で約2分ほど。先ほどご紹介した飲み屋横丁からも通じる細い道があります。

image by:赤池リカ

「千住ほんちょう商店街」は下町のような雰囲気がただよっており、チェーン店はもちろん、安くて美味しいグルメまでが勢ぞろい。

私が上京して初めてアルバイトをしたのも、この商店街の一角にあるイタリア料理店でした。看板に書かれていたアルバイト募集の電話番号を押しては消し、押しては消して勇気をだして面接の電話をしたことを覚えています。

久しぶりに角を曲がってのぞいてみましたが、残念ながらお店は閉店してしまったようです。

スーパーがあった気がする場所 image by:赤池リカ

実は、北千住を訪れるのは約7年ぶり。どんな風に街が変わったのだろうと少し不安もありましたが、北千住の商店街は大きなスーパーがなくなったくらいで、それほど変化は見られません。私が気づいていないだけかもしれませんが、いつきても昔と同じ北千住がそこにありました。

いま読まれてます
2011年春。田舎から上京した私が初めて知った都会は足立区「北千住」だった
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます