旅も人生も、もっと楽しく編集できる。

リアル店舗でショッピング気分。ネットで買い物はここまで来てる

Array
2020/04/29

WebメディアであるTRiP EDiTORのこの記事を読まれている方々のほとんどが、それぞれ使用頻度は異なれど、日常的にネットショッピングを活用していることと思います。

自分自身のことについていえば、飛行機や新幹線、ホテルなど旅や移動の手配は100%ネットで。また、化粧品やDIY道具などコレが必要!と急に思い立つ種類のものも、ネットで買ったほうが確実に早いので、ネット利用率が高いです。

店頭に足を運んでもあまり商品が並んでいないアウトドア用品もしかり。ICレコーダーやドライヤーなどのちょっとした電化製品もネットの方がたくさんの商品から選べるので、スペックを見比べて購入するパターンがほとんどです。

image by:Shutterstock.com

そして、洋服や靴もリピ買いに関しては迷わずネットを利用しています。自分ではまわりと比べるとネット利用率は低い方だと思っていますが、こうしてあげてみるとそれなりに使っていることに気づかされます。

さて、それではリアル店舗に足を運ぶのはどんなときかというと、それはやっぱり実物を手にとって見て触り、身に着けるものであれば実際に試着して使用感やフィット感を確かめたいときですよね。

新型コロナウイルスの影響で外出ができないいま、必要なものがあっても食料品や日用品以外は無理…と諦めている人も多いと思います。しかし、実はおうちにいながらにして試着が可能なショッピングサービスがあるんです。
 
みなさんは、Amazonが提供する「Prime Wardrobe」というサービスをご存じでしょうか?アパレル商品を試着した上で買い物ができるサービスで、私がその存在に気づいたのはごく最近ですが、実は2年以上も前からスタートしています。

おうちにいながら、リアルなショッピング体験!

「Prime Wardrobe」を知ったのは、今回の緊急事態宣言によるおこもりライフでランニングを始めたにわかランナーとして、ランニングキャップを買おうとしたのがきっかけ。

ランニング用といえど、かぶったときのフィット感や素材など実際に目で見て確かめたいのですが、お店はすでにすべてクローズ。仕方なくそう高価なものではないので、もしも買ったものがイマイチだったら、自由に買い物ができるようになったときに買い直せばいいぐらいの半ば諦めの気持ちでネット購入しようとあれこれ商品を見比べていたときに、この「Prime Wardrobe」なるサービスを発見したのです。

それではさっそく、「Prime Wardrobe」を簡単に説明しましょう。


Amazonの「Prime Wardrobe」とは

  1. 試着してから購入できる
  2. 一回に試着できるのは最大6点
  3. 試着して気に入ったものがなければすべて返品することも可能
  4. 商品到着後7日以内に返送手続きをする
  5. 返品の際の送料は無料
  6. 試着できるのは「Prime Wardrobe」対象商品のみ

ようは店頭の試着室に一度に6点まで商品を持ち込むことができて、すべて試着した後そのなかの何点を買おうが、1点も買わずにすべて棚に戻そうが問題ないのと同じです。

届いた時の状態。image by:小林繭

今回、私はあれこれ見比べて気になったランニングキャップ4点を取り寄せてみました。ちなみに、試したい商品を選んでオーダーしたあと発送メールが届いたのが翌々日。商品が届いたのが3日後です。商品は箱に入って宅配便で届くシステムです。

開けるとこんな感じで商品が入っていました。image by:小林繭
今回オーダーした商品4点がこちら。image by:小林繭

箱を開けると、当たり前ですがちゃんとオーダーした4点が入っていました。それぞれを手に取って見てみると、パソコンの画面で見ていたのとはずいぶん異なる質感のものもあり、焦って購入してしまわないでよかった!と思いました。

ビニール袋から出して並べてみます。image by:小林繭

選んだのはどれもシンプルなデザインのキャップですが、実際にかぶってみるとちょっとしたサイズの違いで印象も変わるし、デザインにプラスしてランニング時に使うという用途を考えると、なかなか即決できず。キャップをかぶっては鏡でチェックを繰り返し、ようやく購入商品を決めたのは商品が届いた翌日のこと。最初から7日間という時間があるので、急かされずにゆっくり悩めるのが気に入りました。

最後までどちらにするか悩んだ2点。image by:小林繭
購入商品を決めたらWeb上で購入するかしないかを入力する。image by:小林繭

どの商品を購入するか(または、どれも購入しないか)が決まったら、Web上で手続きを行います。あとは、商品が入っていた箱に返送するぶんの商品を入れ、同封の送り状に名前を書いて貼り付ければ返送準備の完了。

返送時もワンタッチで梱包できるように箱に工夫がされています。image by:小林繭

最寄りのコンビニに持ち込んでおしまい。たったコレだけの作業であれこれと試せるとはなんて便利なサービス!なぜいままでその存在に気がつかなかったのだろう!というのが感想です。

実際に、帽子もいろいろな角度から見比べてみました。image by:小林繭

そして、実際に使ってみて思ったのは、このサービスは靴を買うときによいかもしれない!ということ。これまでリピ買いのものを除いて靴をネットで買ったことはありませんが、靴って例え店頭で購入したとしても瞬間の試し履きではよくわからないことが多いと思うんです。

同サービスを使って試し履きする時間を変えてみたりと、数日間ゆっくり履き心地を試せるのであれば、そっちのが方が断然いい!

せっかく売り場に足を運んだのにほしいサイズや色の在庫がないなんていうストレスがないのも嬉しいし、手持ちのワードロープとのバランスを見ることもできるので、デザインや色味に関しても冷静に選ぶことができそう。次回はぜひ靴を買うときに利用してみたいと思いました。

返却も指定場所に送り状を貼り付けてすぐに準備完了!image by:小林繭

残念な点は、現在、アマゾンサイトに商品があってもそのすべてが「Prime Wardrobe」対象商品ではないこと。それでもそこそこ選べる感はあるので、気になる商品が「Prime Wardrobe」商品であればラッキーです。

この「Prime Wardrobe」は、Amazon Prime会員の特定サービス。このおうち期間中、リアルなお買い物体験でリフレッシュするにもよし。Prime会員の方はぜひ何かほしいなと思ったタイミングに、一度試してみてはいかがでしょうか。

  • image by:Unsplash
  • ※掲載時の情報です。内容は変更になる可能性があります。

東京生まれ、湘南生息中のフリー編集ライター。沖縄、ハワイ、島、旅モノやロハスネタを発信中。All About沖縄ガイド。目下、踊れる編集ライター目指し趣味のフラメンコに取り組む日々。

WebSite

リアル店舗でショッピング気分。ネットで買い物はここまで来てる
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます