旅も人生も、もっと楽しく編集できる。

作るのも食べるのも簡単。手作り呪縛から解かれる、スイス「朝食」レシピ

Array
2020/06/01

フルーツごろごろ自家製ミューズリーレシピ

わが家では夫の実家で作られるミューズリーレシピがあるんです(ビルヒャーミューズリーではないですが)。ちょうどいまの季節、イチゴが出回ると作るものなんですが…。

オートミール image by:ojo
image by:ojo

カフェオレボール7分目ぐらいの量。

image by:ojo

これに、ミルクをかぶるぐらいに注ぎます。

image by:ojo

別の容器には、好きな量のイチゴをカットして、お砂糖を大さじ1杯ほど入れてよく混ぜ合わせます。これを冷蔵庫で一晩置いておくと…。

image by:ojo

オートミールはふやけて膨らんでいます。

image by:ojo

このふたつを混ぜ合わせてできあがり。

image by:ojo

このミューズリーはお砂糖とフルーツが入っているので食べやすく、わが家では子どもたちにも好評。このほかにも、外で朝食を簡単に買って済ませる人も多いようで、人気なのは、

image by:ojo

「Gipfel(ギプフェル)」です。クロワッサンに似ていますが、フランスのクロワッサンよりもバターが少なくあっさりしているように感じます。


夫と子どもたちが焼いたもの image by:ojo

そしてドイツの代表的なパン「Brezel(ブレッツェル)」。重曹を入れたお湯にくぐらせてから焼き上げるこちらのパンはスイスでも人気。

家庭にもよると思いますが、一般的にスイスの朝食は簡単に済ませることが多いようです。ビルヒャーミューズリーのように栄養たっぷりで、作るのも食べるのも簡単な食事はとてもありがたい食材。

日本ではグラノーラほどメジャーではないので簡単に手に入るものではなさそうですが、お店で見かけたときにはぜひ試してみてくださいね!

  • image by:Sorbis / Shutterstock.com
  • ※掲載時の情報です。内容は変更になる可能性があります。
いま読まれてます

スイスのイメージはハイジ?マッターホルン?それともセレブな人々?
ハイジほど波乱万丈な人生ではないし、マッターホルンのように美しくもない、スイス在住ド庶民・ojo目線で、ちょっと笑えるスイス生活やスイスのお話をお届けします。

作るのも食べるのも簡単。手作り呪縛から解かれる、スイス「朝食」レシピ
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます