【旅先診断】おうち時間の過ごし方でわかる、あなたにピッタリな「旅先」プラン

感性が磨かれる「アートな旅」/ニューヨーク・パリ

3.読書や映画鑑賞で作品の世界観を満喫中」を選んだかたは、きっといろんな作品に触れてアートな感性を磨きたいはず!そんな方々には「アートな旅」なんていかがですか?そして、アートが魅力の街といえばどんな街が浮かびますか?

夢が広がるネオンの街「アメリカ・ニューヨーク」

image by:Andrey Bayda / Shutterstock.com

ニューヨークといえば、「タイムズスクエア」は欠かさず行きたいところ!カラフルに光る電子公告が現代的なアートといえるのではないでしょうか。夜のタイムズスクエアで映え写真を撮るのも、アート感覚が磨かれるひとつの手段になりそうです。

ほかにも「ブロードウェイ」でミュージカル作品を楽しんだり、多くの映画作品にも登場している「グランドセントラル駅」で、映画の世界に飛び込んだような気分を味わったりと、アートな旅の思い出がたくさんできそうです。

有名美術館はやっぱり外せない「フランス・パリ」

サントシャペル教会image by:編集部

タイムズスクエアの雰囲気とは打って変わって、ヨーロッパのアートな街として人気を集める「フランス・パリ」は、アート好きなら一生に一度は行っておきたい街ではないでしょうか。

街全体がアートのようで、歩いているだけで自分の感性を磨いてくれる予感!

また、パリには「エッフェル塔」や「ルーヴル美術館」などの人気スポットもありますが、ぜひオススメしたいのはスタンドガラスが魅力的な「サントシャペル教会」。

太陽の光が差し込む光景に圧巻されます。どこを撮ってもきれいな写真になること間違いなし。ぜひコロナ終息後の旅のプランに追加してみてくださいね。

いま読まれてます
エアトリインターナショナル 2024年はここが狙い目!海外旅行に行くなら穴場「ケアンズ」へ
【旅先診断】おうち時間の過ごし方でわかる、あなたにピッタリな「旅先」プラン
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます