夏から秋の京都府名産フルーツを生産者が産地直送!!

Array
2020/07/04

丹後から珠玉の完熟フルーツを直送@岡﨑農園

海あり山ありと自然豊かな京丹後市久美浜町にて、家族3代で果物を栽培する岡﨑農園の夏から秋のイチ押しは桃と梨。「一番おいしい時期に食べてもらいたい」というこだわりから、しっかりと熟したものを見極めて収穫した珠玉のフルーツを直送します。

桃/7月25日ごろ~8月15日ごろ

あかつき、嶺鳳、清水白桃などの品種を栽培しています。なかでも高貴ないでたちの「清水白桃」は、ピンクと白のグラデーションがとってもきれい。濃厚な香りとまろやかで上品な甘みが特徴です。

梨/8月末~9月末

秋の始まりにまず食べたいのが二十世紀梨。酸味と甘みのバランス、シャキシャキとした爽やかな食感がたまりません。そのほか、晩秋には新興梨も登場。

桃も梨も冷やし過ぎると果物本来の美味しさが損なわれてしまうので、食べる1時間前から冷やしておくとより美味しくいただけるそうですよ~。

■■INFORMATION■■

岡﨑農園
住所:京都府京丹後市久美浜町三原512
電話:0772-83-0521

★お取り寄せ方法★

電話::0772-83-0521
FAX:0772-83-1475

 

希少な砂丘で栽培される小玉スイカ@GRUE Green & Blue

スイカ/7月1日~30日

久美浜の豊かな緑と海をイメージした爽やかな屋号「GRUE Green & Blue」が、印象的なスイカ農家が手がける小玉スイカ「姫まくら」。楕円形のフォルムが枕に似ていることがその名の由来です。


京丹後市久美浜町の希少な砂地は水けがよくスイカの栽培に適しているそう。収穫前に水やりをうんと控えることで甘さや濃厚な味わい、そして香りを引き出しています。

重さは2~3kg。冷蔵庫に入りやすいちょうどいいサイズ感の小玉スイカ「姫まくら」は、皮がうすくて実がたっぷり。小玉スイカですがしっかりとしたサクシャキ食感も楽しめるのが嬉しいですね。

常温の冷暗所で保存し、食べる前に1時間程度冷やしてから食べるのがベスト!また、スイカをサイコロ状にカットし、冷凍したものをミキサーにかけてスムージーにするのも農家さんお墨付きの食べ方なんだとか。

■■INFORMATION■■

GRUE Green & Blue
住所:京都府京丹後市久美浜町友重1006
電話:080-2505-9258

★お取り寄せ方法★

オンラインショップ
たまな商店
楽天市場

 

いま読まれてます
エアトリインターナショナル 2024年はここが狙い目!海外旅行に行くなら穴場「ケアンズ」へ
夏から秋の京都府名産フルーツを生産者が産地直送!!
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます