旅も人生も、もっと楽しく編集できる。

黒松にひのき、クロモジなど“京都由来のアロマ”で暑~い夏を乗りきろう!

Array
2020/07/05

今年の夏は、どのぐらいの暑さになるのでしょうか。最高気温は?熱帯夜は何日ぐらい?そう思うだけでなんだかドキドキしてきますね。クーラーを効かせた部屋でアイスクリームやかき氷を食べて涼を取るのもいいですが、フルーツや植物から抽出したアロマで清涼感を味わうのはいかがでしょう。今回は、京都由来の成分で作ったアロマをご紹介。暑い夏をのりきりましょう!! 

お仕事中には「amano hasitate aroma」の黒松を使ったアロマでリラックス

宮津市にある天橋立とえいば「白砂青松」と称される真っ白な砂浜と、青々とした松並木が有名ですね。amano hasitate aroma(あまの はしたて あろま)は、この天橋立にお嫁に来た西村さんが、天橋立の松並木をのんびりお散歩したときに感じる清々しい心地よさと静かな松の香りをもっと伝えたいと立ち上げたブランドです。

使用するのは、天橋立地域で育った農薬や化学肥料を散布されていない黒松のやわらかな新芽のみ。この新芽を満月のころに収穫し、新月のころにくみ上げた湧き水で丁寧に抽出。とても大切に作られた100%天然のエッセンシャルオイル(精油)です。

Maturilaリラックスアロマ ミスト/3,200円(税込)

その年の天候等で収穫する黒松の香りにも少しずつ違いがあるそうで、それもまた天然の香りならではの楽しみ。やさしく包み込まれるような清々しい香りが魅力です。

商品は、玄関やお部屋で楽しめるディフューザーとルームスプレーの2種類。「仕事や家事等の合間に清らかな香りをシュッとして、心をスーッとほぐすお手伝いが出来たら嬉しいです」と西村さん。また、ドライブ前に車内にスプレーして深呼吸するのもおすすめです。

■■information■■

amano hasitate aroma
住所:京都府宮津市文珠100

 

暑~い外から帰ってきたときは「杉乃精」のフローラルミストでリフレッシュ

京北町の北山杉の林。下枝を取り払う、枝打ちがなされます

以前、アロマオイルで作る「宝石せっけん」作り体験でもお世話になった京北町の杉乃精。京北町は千年もの昔から北山杉の産地。質の良い木材にするため、定期的に下枝を取り払う“枝打ち”が行わるのですが、このとkに出る杉の枝葉をはじめ、クロモジや山椒など京北町や北山などで取れる天然素材を100%使ったアロマオイルを精製している工房です。

おすすめはこの精油を使った「フローラルウォーター」。スプレー式なのでシュッとするだけで優しく軽やかな香りが広がります。


フローラルウォーター Kyonoka​ 杉、クロモジ、よもぎ 1,100円/柚子 2,200円

香りは定番の「杉」、北山で育った「クロモジ」、京都の柚子の名産地・水尾の柚子と美山の柚子を使った「柚子」、そして夏場だけ登場する「よもぎ」の4種類。社長さんにうかがうと「よもぎ」は日焼け後の肌にスプレーするのもおすすめなのだとか(使ってみたのですが、ミストも細かく、とても気持ちいいです!)。

また、すべてのフローラルウォーターは湯船にスプレーして入浴剤として使うのも良いそうですよ。いずれも防腐剤が入っていないので、消費期限は未開封で3カ月。未開封でも冷暗所で保管してくださいね。

■■information■■

杉乃精
住所:京都府京都市右京区京北熊田町新田50
TEL:075-852-1668 

いま読まれてます
黒松にひのき、クロモジなど“京都由来のアロマ”で暑~い夏を乗りきろう!
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます