旅も人生も、もっと楽しく編集できる。

水面に心奪われる。日本・世界の透明度が高い「絶景湖」11選

Array
2020/08/15

パンゴン湖/インド

image by:Shutterstock.com

パンゴン湖」は日本でも人気になったインド映画『きっと、うまくいく』のロケ地になったことで有名で、チベット文化の影響が濃いラダック地方にあります。

標高約4,300mの高地にあり、そのためか湖のまわりに緑がありませんが、それがかえって湖面の青さを引き立てています。

ちなみに11月中旬から4月下旬までは凍結するので、新型コロナウイルスが収束した後に、季節を選んでお出かけを。

 

 

ププ・スプリングス/ニュージーランド

image by:Shutterstock.com

ププ・スプリングス」はニュージーランド南島の湖で、透明度は63mにも。この湖は透明度が高いことに加えて、湧水量が多いことも特徴です。

1秒間に約1万4,000Lの水が湧くのだとか。これは25mプールを25秒でいっぱいにできるペースで、別のいいかたをすると、ニュージーランドの生活用水をこの湧水だけでまかなえるスケールなのです。

ブルーレイク/ニュージーランド

image by:Shutterstock.com

ブルーレイク」もニュージーランドの南島の湖で、ネルソン・レイク国立公園のなかにあります。透明度80mで、世界一といわれています。これは蒸留水と同じくらい。不純物がほぼないことになります。

一生に一度は見てみたい…そう思うかたは多いでしょうが、トレッキングコースを2日間歩かないといけないそうなので、まずは体力とご相談を。

いま読まれてます
水面に心奪われる。日本・世界の透明度が高い「絶景湖」11選
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます