旅も人生も、もっと楽しく編集できる。

絶品グルメで旅を満喫。大丸東京店の人気「秋限定弁当」ランキング【2020】

Array
2020/10/10

GoToキャンペーン」に東京発着も含まれ、旅立ちの光景が続々と増えているこの秋。到着や出発の地に東京駅を利用するかたは、すぐ隣に立つ「大丸東京店」の地下食品フロア「ほっぺタウン」にある「お弁当ストリート」が絶対に見逃せません。

ありとあらゆるお弁当を網羅した全長60mのお弁当ストリートには、とても選びきれない美食の店舗がズラリと並んでいます。

そこで今回は、乗降車の限定された時間でも立ち寄りやすい同スポットの、最新「秋限定弁当人気ランキングをご紹介します。

※本記事は新型コロナウイルス感染拡大時のお出かけを推奨するものではありません。新型コロナウィルスの国内・各都道府県情報および各施設の公式情報を必ずご確認ください。

秋の食材が百花繚乱!贅を尽くした華やかな「秋のお弁当」トップ10

第10位 神田明神下みやび「秋遊弁当」/1,080円

image by:PR TIMES

江戸時代、江戸城内で食される料理を司る「御台所御賄方」の役目を果たした人々の武家屋敷が立ち並び、「神田御台所町」と呼ばれた現在の外神田2丁目

男坂下に佇む「神田明神下みやび」は、創業40周年を迎える高級弁当の専門店です。

秋限定の「秋遊弁当」(1,080円)は、高級食材「松茸」入りのきのこご飯を主に、さつまいもやなす田楽、鮭などのお総菜を添え、秋らしさを存分に味わえる内容に。縁起の良い八角形もうれしい逸品です。

第9位 味の梅ばち「米沢牛2色弁当」/2,376円

image by:PR TIMES

山形・米沢の牛すきの老舗として名高い「味の梅ばち」は、日本屈指の和牛ブランド「山形牛」「米沢牛」をたまらないすき焼きへと昇華させる名店。

そんな大自然に恵まれた山形県東根市の味を、東京で味わうことができるのです。

秋限定の「米沢牛2色弁当」(2,376円)は、自慢のすき焼き米沢牛ステーキが両方入っている、食べ応え満点な贅沢弁当。


松茸と栗にモミジが添えられ、さらに秋らしく豪華に仕上がっています。

第8位 崎陽軒「松花堂弁当~松茸ごはん~」/1,250円

image by:PR TIMES

1908(明治41)年に神奈川・横浜で創業し、1928(昭和3)年に弁当専門の「冷めてもおいしいシウマイ」が開発されると大人気となった「崎陽軒」。

いまや「シウマイ弁当といえば崎陽軒」というほどの地位を築き上げた老舗からも、弁当が登場しました。

松茸ご飯の上に、さらに「松茸旨煮」がたっぷりとのせられた「松花堂弁当」(1,250円)は、芳香な松茸の香りを存分に楽しめます。

秋の味覚の秋刀魚、舞茸、銀杏なども添えられ、彩りも豪華。崎陽軒の代名詞であるシウマイもバッチリ入っています。

第7位 まい泉「カキヒレ重」/896円

image by:PR TIMES

ジューシーで分厚いとんかつが大人気の有名店「まい泉」。柔らかなヒレかつを挟んだ「ヒレかつサンド」が大ブレイクして以来、ちょっと贅沢なお弁当を食べたいときはまい泉をチョイスしている、というかたも多いのではないでしょうか。

秋限定の「カキヒレ重」(896円)は、まい泉を代表するヒレかつに、毎年秋の評判を呼ぶというカキフライ、さらにサツマイモとカボチャも入ったボリュームたっぷりの一品。おなかいっぱい食べたいかたにもおすすめのお重です。

いま読まれてます
絶品グルメで旅を満喫。大丸東京店の人気「秋限定弁当」ランキング【2020】
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます