旅も人生も、もっと楽しく編集できる。

何回メッセージすれば初デートにイケる?日中韓の最新「恋愛」事情

同じアジア圏に属する日本、韓国、中国。旅行先としても人気が高く、昨今では映画やドラマ、音楽などを通じて中国や韓国の大ファンになったというかたも増えましたね、

この度、未婚男女のマーケティング研究機関「恋愛婚活ラボ」が、マッチングアプリ「Tantan」の利用者2,941人を対象に、日本・韓国・中国の「恋愛に対する行動」を調査しました。

気になるお隣の恋愛事情、日本とはどう違うのでしょうか?早速チェックしてみましょう!

韓国は男女ともに積極的!自撮り写真を送るのは愛情表現の一種?

image by:PR TIMES

まずは「顔写真の掲載率」について。「自身のプロフィール写真の登録枚数」を見てみると、日本と中国のユーザーは男性より女性の方が枚数を多く登録しているのに対し、韓国では男性の方が女性よりも多く、なんと80%が「2枚以上登録している」と回答する結果に。

「TantanJapan country manager」の石川氏によると、韓国ローカルマッチングアプリでは「プロフィール写真の登録は最低3枚以上」がルールとのこと。日本と中国ではそのような規定がないのも、この結果の一因とみられています。

また、韓国の文化として「男性でも『写りよくないからもう一回撮って!』とお願いするのが普通」と伝えるのは韓国トレンドライター・K-POPゆりこ氏。

「映りよく仕上がった」という意味の『チャナワッタ』という言葉もあり、男女とも「自撮り文化」ができているそう。

「ケーキを食べている」という写真でも、韓国では自分も映っているのが普通であり「盛れてる」という日本では若干マイナスなニュアンスのある表現も、100%ポジティブに使われているとのこと。

また女性だけでなく男性も容姿評価がされやすいということ、男性も美容に興味や造詣が深く、男性メイクも日本より広がっているなど、写真枚数の多さには文化的背景が濃厚なようです。


自分の写真を相手に見せることに抵抗がなく、韓国人の彼から自撮りが送られてくるのは、愛情表現の一種ともいえるそうですよ。

image by:PR TIMES

初デートまでに交わすメッセージ数」を調査してみると、「30通以内」と答えた日本ユーザー70%、中国ユーザー75%という結果に対し、韓国ユーザー54%という結果に。韓国では会うまでのメッセージのやり取りが多く、日本と中国では比較的少ないといえそうです。

K-POPゆり子氏は「韓国では親しい相手にとにかく『おはよう』『今何してる?』とチャットのように短文メッセージを頻繁に送り、近況を報告しあうことで親密になっていく傾向にあります」と分析。

石川氏も「韓国の男女は『会ったら違う人だった』ということがないよう、メッセージで相手をしっかり選ぶ傾向にあります。一方、中国では『まずは会ってみないと始まらない』という感覚があるようです」と、感覚の違いを語っています。

いま読まれてます
何回メッセージすれば初デートにイケる?日中韓の最新「恋愛」事情
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます