旅も人生も、もっと楽しく編集できる。

何回メッセージすれば初デートにイケる?日中韓の最新「恋愛」事情

韓国では男女ともに「積極的」な傾向

image by:PR TIMES

続いて「1カ月のデート人数」を見ると、韓国ユーザー最多は35%で「1人」、中国ユーザーは38%で「2〜3人」に。一方、日本ユーザーの最多50%以上で「0人」という結果となりました。

ここまでの結果を見ると、日本ユーザーはメッセージのやり取りも実際に会うこともあまりしないという状態で、マッチングアプリでの恋愛に対し、まだまだ消極的な傾向が見えてきます。

コロナ禍がいまだ続くことを考えると、日本ユーザーが最も磨くべきは「メッセージスキル」だといえそうですね。

image by:PR TIMES

最後に「1カ月に『いいね』を送ってアプローチする異性の平均人数」を見ると、中国ユーザーは男性「28人」女性「15人」、日本ユーザーは男性「25人」女性「12人」、韓国ユーザーは男性「34人」女性「31人」という結果に。

中国と日本では女性の2倍近く男性が「いいね」を送り、韓国では男女とも積極的に「いいね」が行われています。

石川氏は「韓国男女は、日本男女に比べて恋愛に非常に積極的」と分析。「最終的にデートに誘うのは男性」という習慣があることも、韓国の女性が「いいね」を気兼ねなくできることに繋がっているのではと語ります。

K-POPゆりこ氏も「『韓国はアジアの情熱系』と分析する人もいるほど恋愛に対して積極的」と一言。「『可愛いね』『かっこいいね』と同じぐらいの気軽さでいいねをしているのでは」と語っています。

また、韓国には『10回叩いて折れない木はない』ということわざがあるとのこと。恋愛では『10回アプローチして口説けない女性はいない』と考えられており「異性にはとにかく積極的に、というのが韓国男女の傾向」と分析しました。

韓国では、男女ともに積極的にアプローチする傾向にあることが分かった今回の結果。半面、日本ユーザーの慎重さが浮き彫りとなりました。


新型コロナウイルスの影響で実際のデートまで壁が高くなっている分、より恋愛が進行し辛い現在。結果を参考に、好きな方へ少し積極的にアプローチをしてみてはいかがでしょうか。

  • source:PR TIMES
  • image by:Shutterstock.com
  • ※掲載時の情報です。内容は変更になる可能性があります。
いま読まれてます

平成生まれ、神奈川県川崎市出身、浅草在住。雑誌・Webの編集者です。ライターとしてフリーランスでも活動しています。ワーケーションマニアで47都道府県を制覇しました。お酒とカメラとドライブが趣味。

お問い合わせ・お仕事のご依頼はこちら

何回メッセージすれば初デートにイケる?日中韓の最新「恋愛」事情
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます