日本のビールはどれが好き?海外とどう違う?外国人のみなさんに聞いてみた

Array
2021/05/12

2. 日本のビールは飲みやすくておいしい

image by:Phurinee Chinakathum/Shutterstock.com

今回、お話を聞いた外国人のかたからは「日本のビールの味が好き!」という声もたくさん聞かれました。

在住歴1年のフランス人女性は、こんな好印象を持っている様子。

「本場ドイツのビールに比べると劣るところもあるかもしれません。でも日本のビールはフランスのビールよりもコクがあるし飲みやすいところがいいです」(フランス出身)

ほかにもたくさんの好意的な感想が聞かれました。

「アメリカのビールよりもキリッとした味わいで喉越しも最高!飲み口が爽やかっていうのかな。とにかく日本のビールは飲みやすくておいしいんですよね」(アメリカ出身)

日本でもお馴染み、デンマーク発祥の「カールスバーグ」image by:TY Lim/Shutterstock.com

「デンマークはたくさんの国のビールが流通しているけど、母国でも日本のビールは人気が高いです。日本にきて初めて『サッポロ黒ラベル』と『エビス』を飲んだけど、デンマークのビールよりも味がしっかりしていて飲みごたえがあると思いましたね」(デンマーク出身)

「母国と比べると種類は少ないけど、最近多くのバーで『クラフトビール』が飲めるようになったのがうれしいです。度数は低めだけど、味も濃いし風味もあるのが多いですね」(フィンランド出身)

アンケート結果を読んでいて気になったのが、この「味が濃い」というワード。では、他国のビールはどんな特徴があるのでしょうか。

4. 母国のビールは味が薄い…

韓国で主流の銘柄「CASS(カス)」image by:SERMSAK PHUTRAKSA/Shutterstock.com

日本のビールを飲んで「濃い!」と感じることもあるようで、韓国出身の女性からはこんな意見がありました。


「日本のビールは味がしっかりしていて、後味もいいので何杯も飲めてしまいます。母国のビールも好きですが、日本のビールを飲んだあとに飲むと水っぽく感じてしまうんですよね…」(韓国出身)

韓国でも日本と同じようにスーパーやコンビニで気軽にビールを購入することができます。以前は日本のビールと比べると麦芽比率が低かったため苦味が少なく、味が薄いと感じるといわれていました。

現地では、「CASS(カス)」や「hite(ハイト)」などの銘柄が有名ですが、ここ10年近くは日本のビールが人気を集めているみたいですよ。

香港のバーにあるビールタップ。image by:Alexandre Tziripouloff/Shutterstock.com

また、香港出身の男性もこのように母国のビールの様子を教えてくれました。

「香港のビールは味が薄くて飲みやすいけど、ビールを飲んでる実感がないんだよね(笑)」(香港出身)

ビールの味が薄い理由はそれぞれですが、香港のビールはアルコール度数の低さ(平均3%)が理由といわれています。

もちろんこれらすべてが薄く感じる理由ではありませんが、時代とともに好みの味が変わってきている様子。例えば、香港では「クラフトビール」が人気を集めており、さまざまなブルワリーが点在しています。

いま読まれてます
エアトリインターナショナル 2024年はここが狙い目!海外旅行に行くなら穴場「ケアンズ」へ
日本のビールはどれが好き?海外とどう違う?外国人のみなさんに聞いてみた
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます