旅も人生も、もっと楽しく編集できる。

夏こそ食べたい!京都・夏のパン祭り2021

Array
2021/08/17

ホットなピリ辛パン

カレーをパン生地に包んで揚げた至高の総菜パン“カレーパン”。シンプルな見た目とは裏腹に、中に隠されたカレーは作る人のこだわりが詰まった、いわば料理人の集大成!じっくり時間をかけて作られたカレーパンを食べれば、きっとトリコになるはず。

手間暇かけて作られる愛情たっぷりカレーパン

<ハートフルベーカリー エッセン>

舞鶴市で1988年創業の老舗「ハートフルベーカリー エッセン」さんは、地元のお客さんにも愛されているパン屋さんです。お店に並ぶパンは100円台からとお手ごろ価格で、普段使いにもぴったり。

カレーパン/180円

そんなエッセンさんの人気No.1が「カレーパン」です。中のカレーは、具材をワインと香辛料にじっくり漬け込み、炒めて、トマトソースを合わせてコトコト煮込むこと2日間!

さらに、ごろっと入った牛肉でボリュームも満点です。手間暇かけて作られたカレーパンは、随時揚げたてが並ぶようにしているのだそう。ぜひ揚げたてを狙ってください~。

焼きカレーパン/180円

そして、カレーパンと合わせていただきたいのが「焼きカレーパン」!中のカレーは、先ほどと同じですが、こちらは揚げずに焼いているのでヘルシーに食べられますよ。

また、真ん中に添えられた福神漬けも焼きカレーパンならではのアクセントになっています。ぜひ、揚げ・焼き両方を食べ比べてみてください。

■■INFORMATION■■
ハートフルベーカリー エッセン
住所:京都府舞鶴市森町24-3
電話:0773-64-6611
時間:7:00~18:00
定休日:火曜
Facebook

和食のプロがパン作り!?

<大堰川畔せせらぎ亭 八光館>


南丹市の大堰川を臨む老舗料亭「八光館」。こちらでは、松茸や鮎など季節に合わせた料理がいただけます。一見パンを提供していそうにない料亭ですが、実は、昨今のコロナ禍に立ち向かうために、テイクアウト可能な新商品を生み出したのです。

八光館の板前カレーパン/250円(税込)

それがこちら!その名も「八光館の板前カレーパン」。長年和食を作り続けてきた板前さんが、腕によりをかけて生地から手作りしています。

ルーには数種類のスパイスを使い、アクセントにショウガを入れているのがポイント。たっぷりの牛肉が入った、食べ応え抜群の“板前さんの本気のカレーパン”をぜひ。

■■INFORMATION■■
大堰川畔せせらぎ亭 八光館
住所:京都府南丹市八木町河原31-4
電話:0771-42-2221(個室、せせらぎ亭は要予約)
時間:11:00~20:00
定休日:不定休
公式ホームページ

いま読まれてます
夏こそ食べたい!京都・夏のパン祭り2021
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます