旅も人生も、もっと楽しく編集できる。

日本人が知らない、海外の当たり前…「生活」に潜むカルチャーショック

Array
2021/10/13

洗濯は温水が常識

イタリア・ヴェニスの洗濯の様子 image by:Perekotypole/Shutterstock.com

洗濯時の「水の温度設定」を最後に紹介します。日本の洗濯機はボタンを押せば、洗濯用に常温の水が(一般的には)出てきます。

もちろん多くの新しい洗濯機は40℃程度の温水が出ますし、60℃近い高温のお湯も出る商品もあるみたいです。しかし洗濯では水を使うケースがまだまだ一般的なのではないでしょうか。

ヨーロッパの洗濯機は違います。お湯で洗うことが一般的です。では、一体どうしてでしょうか?

意外な点に理由があって、水の質が日本と違うために洗剤を溶けやすくするにはお湯でないとダメなのですね。温かいお湯どころか95℃の煮沸消毒ができる機能まで洗濯機には用意されています。

日本の洗濯機はそれだけの高温に耐えられませんが、ヨーロッパの洗濯機は煮沸が大前提としてできる設計になっているのです。

イギリスの洗濯機 image by:Stewart Lloyd-Jones/Shutterstock.com

シーツなどを洗う際、さらにはモップやふきんを煮沸消毒する際に便利な機能で、洗濯機の衛生管理(ドラム内の殺菌)のためにも定期的に95℃のお湯で空洗いをするように、メーカーからもユーザーにおすすめされているのだとか。

ちなみにこの煮沸消毒時、ヨーロッパの人はモップでも机用の台ふきでも構わず一緒に洗ってしまうと知人がいっていました。「どうせ菌は死ぬのだから一緒に洗ってもいいだろう」との発想です。

食器用洗剤を最後まで洗い流さないヨーロッパの人々の習慣にどこか根底で通じる部分がありますよね。一方で、日本人は洗濯物を細かく分けるのではないでしょうか。この辺りも国民性が出ていますよね。

このように世界各国には家事に潜むカルチャーショックがたくさんあります。まだまだ暮らしのなかには、おもしろい異文化が隠れていますので、改めて見つけていきたいですね。


いま読まれてます

翻訳家・ライター・編集者。成城大学文芸学部芸術学科卒。富山在住。主な訳書『クールジャパン一般常識』、新著(共著)『いちばん美しい季節に行きたい 日本の絶景365日』。北陸のWebメディア『HOKUROKU』創刊編集長。WebsiteTwitter 

 カナダ カナダで愛される定番グルメ。現地の人に聞いた「おふくろの味」は? ★ 70
 国内 この景色、失いたくない。古き良きニッポンの「美しい村」5選 ★ 312
 海外 なぜ、ナイアガラの滝はあんなに大きい?カナダに隠された4つの謎 ★ 29
 国内 はい、チーズ!外国人が驚いた「日本人の七不思議」 ★ 447
 富山 住民が減り続ける漁師町でなぜ大人気に?アメリカ人が開業した富山「Bridge Bar」 ★ 314
日本人が知らない、海外の当たり前…「生活」に潜むカルチャーショック
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます