旅も人生も、もっと楽しく編集できる。

なぜ、ナイアガラの滝はあんなに大きい?カナダに隠された4つの謎

坂本 正敬
坂本 正敬
2020/02/05

このところ、筆者は繰り返しカナダに足を運んでいますが、行くほどにカナダは多様性に満ちた国だなと感じます。

日本人からするとけた違いの大自然がある一方で、大きな都市も発達していますし、都市のなかにも多様性があり、さまざまな価値観や暮らしが混ざり合っているのです。

そこで今回は、そんなカナダのミステリーと称して、カナダの謎やびっくり文化をご紹介しましょう。

その1.大都市でクラクションがうるさいのはなぜ?

CNタワーから見たトロントの様子image by:坂本正敬

西海岸のバンクーバーにせよ、大陸の東側にあるトロントにせよ、カナダは都市に出るとクラクションが頻繁に聞こえてきます。さすがにインドやネパールなど南アジアの国々ほど激しいクラクションではありませんが、穏やかで安全な印象のあるイメージとは違っていて、少しびっくりします。

その理由を現地の人たち、あるいはタクシードライバーたちに聞いてみると、ほぼ決まって返ってくる答えは、「昔はこんなんじゃなかった」という言葉。

カナダは移民に優しい国として、移民を積極的に受け入れています

公共の図書館に移民者向けの生活情報コーナーが充実していたり、2017年には、このようなメッセージを、カナダのトルドー首相が発信しています。

翻訳:迫害やテロ、戦争から逃れてきた人々へ、カナダ国民はあなたを歓迎します。あなたの信条や信仰にかかわらず。多様性は私たちの強みです。

その結果、いまでは国民の5人に1人が移民となっているのだとか。


しかし、移民が増えれば、当然いままで通じていた暗黙のルールが破られます。交通マナーも同じで、予期せぬ運転をする相手が増え、思わずクラクションを鳴らすような瞬間が増えたと、多くの人が教えてくれました。

トロントの街image by:starmaro / Shutterstock.com

Ipsosが2019年に発表した意識調査でも、カナダ国民の44%が「カナダは移民を受け入れすぎている」と感じているといいます。

この数が前回の調査より上昇している点を見ても、先にカナダに移った人たちと後から移った人たちとの間で、精神的な分断が生まれつつあるのかも。そのいら立ちの表れが、クラクションなのかもしれませんね。

翻訳家/ライター。1979年東京生まれ、埼玉育ち、富山県在住。成城大学文芸学部芸術学科卒。国内外の紙媒体、WEB媒体に日本語と英語で執筆する。 主な訳書に『クールジャパン一般常識』(クールジャパン講師会)。

SoftBank光 SB光への乗り換えで3.8万円キャシュバック&他社違約金も満額還元中!
保険見直し本舗 プロが無料で教える!無駄な保険をリストラしつつ保障を維持する方法
なぜ、ナイアガラの滝はあんなに大きい?カナダに隠された4つの謎
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます