旅も人生も、もっと楽しく編集できる。

東京を代表する名店も。歴史ある神田の絶品「老舗そば」5選

Array
2022/04/20

忙しいとき、さっぱりしたものが食べたいとき、そして1年の締めくくりにも欠かせない定番の一品といえば「蕎麦」。古来より日本人にとって欠かせない食べ物のひとつであり、いまも数えきれないほどの蕎麦店が各地で人気を呼んでいます。

そこで今回は、東京の中心地を形成する千代田区エリアより「神田」に位置する蕎麦店のなかでも「老舗の名店」5選をご紹介します。それぞれの歴史と伝統によって培われた絶品蕎麦の数々を、早速チェックしてみましょう。

※本記事は新型コロナウイルス感染拡大時のお出かけを推奨するものではありません。新型コロナウイルスの国内・各都道府県情報および各施設の公式情報を必ずご確認ください。

100年を超える老舗の名店が続々!

神田錦町更科

image by:PR TIMES

江戸時代にも非常に盛んだった蕎麦店のなかでも、「江戸三大蕎麦」と呼ばれた「砂場」「藪」「更科」の大きな3系統の蕎麦たち。由緒正しい3暖簾より「更科」を受け継いだ「麻布永坂総本家 更科堀井」から、唯一の分店として人気を博しているのが「神田錦町更科」です。

雰囲気抜群の看板は、明治初期創業の老舗だからこその風格。150年を超える伝統の蕎麦は、想像以上に明るめの色が特徴で、しっかりと食感があり、風味やのど越しも絶妙。生姜の旨味と刺激がたまらない「冷やししょうが天ぷらそば」が人気の一品です。

  • 神田錦町更科
  • 東京都千代田区神田錦町3-14
  • 定休日:日曜/祝日
  • 【月〜金曜】11:00〜14:30/17:00〜20:15(L.O.19:45)【土曜】11:00〜14:30(L.O.14:00)※蕎麦売り切れの場合は早仕舞いの可能性有り。

かんだやぶそば

image by:PR TIMES

まるでタイムスリップしたかのような雰囲気にあふれる建物の中で絶品の蕎麦を堪能することができる、1880(明治13)年創業の老舗「かんだやぶそば」。広いフロアが特徴的な1階と、高級感あふれる白木の個室が並ぶ2階が用意されています。

そば粉と小麦粉が10:1の割合で打たれた最上級粉の蕎麦は、つるっとした舌触りがたまらないおいしさ。冬季に人気を博した「あられそば」は、旨味たっぷりの貝柱をふんだんに乗せた一品です。

  • かんだやぶそば
  • 東京都千代田区神田淡路町2-10
  • 定休日:水曜
  • 11:30〜20:30(L.O.20:00)

神田まつや

image by:PR TIMES

大正時代に建築され、東京都の歴史的建造物に指定されている見事な店舗がいまもその姿を残している「神田まつや」。1884(明治17)年に創業され、文豪・池波正太郎も愛したという伝統の蕎麦店です。

毎日新たに手打ちされる芳香な香りの蕎麦は、まさに蕎麦らしい蕎麦といえるシンプルさが魅力で、日清食品やローソンとのコラボ商品も発売されるほど。女性人気も高い「ごまそば」は、ゴマ風味のコク深いつゆも絶品です。

  • 神田まつや
  • 東京都千代田区神田須田町1-13
  • 定休日:日曜
  • 【月〜金曜】11:00〜20:30(L.O.20:00/【土曜・祝日】11:00〜19:30(L.O.19:00)

浅野屋本店

image by:PR TIMES

1872年創業の老舗として、神田で150年の伝統を誇る「浅野屋本店」。1899年には「のれん会」を発足し、麺を提供する店舗のなかで初めてのれん会を発足した存在としても著名な蕎麦店です。


歴史を重ねた蕎麦は比較的細麺なのが特徴。香りもしっかりと感じられる蕎麦と、染み渡る出汁の旨味が絶妙です。毎年11月~3月までの限定で登場する、ジューシーなカモ肉がたまらない「鴨南ばん」は、年越しそばとしても絶大な人気を呼んでいます。

  • 浅野屋本店
  • 東京都千代田区内神田2-7-9 浅野屋ビル1F
  • 定休日:土曜/日曜/祝日
  • 11:00〜14:30/17:00〜21:00

神田尾張屋本店

image by:PR TIMES

1920(大正9)年に創業し、江戸前の蕎麦を長年に渡って丁寧に作り続けている「神田尾張屋本店」。北海道の契約農家より直送で仕入れる国産の蕎麦を自社の工場で製粉するという、蕎麦粉そのものからのこだわりも大きな魅力です。

名物の「けんちん」は、こちらも国産にこだわってそろえた野菜や豚肉などの具材をたっぷりと煮込んだ栄養満点メニュー。毎朝、お店でいちから仕込まれる絶品のけんちん汁と蕎麦の相性は抜群。大ボリュームの満足感を堪能することができます。

  • 神田尾張屋本店
  • 東京都千代田神田須田町1-24-7
  • 定休日:日曜/祝日/お盆期間
  • 【月〜金曜】11:15〜21:00/【土曜】11:15〜20:00

ビタミンやマグネシウムをはじめとした栄養が豊富に含まれ、栄養食としても愛されている蕎麦。毎日食べても飽きの来ない日本の定番食だけに、お店ごとのこだわりや伝統が光ります。未体験の名店へ、ぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか。

  • source:PR TIMES
  • image by:Shutterstock.com
  • ※掲載時の情報です。内容は変更になる可能性があります。
  • ※本記事は新型コロナウイルス感染拡大時のお出かけを推奨するものではありません。新型コロナウイルスの国内・各都道府県情報および各施設の公式情報を必ずご確認ください。
  • ※一部、誤字を修正しました(2022/05/02)。
いま読まれてます

元々インドア派だったはずが『恋する惑星』でウォン・カーウァイにハマり、初めての一人旅は上海へ。カメラ片手にどこへでも行くアクティブ旅女子になりました。現在は大学院に通いつつフリーライターとして、旅・アート・美容・ファッションをメインに活動しています。

東京を代表する名店も。歴史ある神田の絶品「老舗そば」5選
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます