旅も人生も、もっと楽しく編集できる。

【京丹後市】昭和レトロ薫る京都の通な純喫茶巡り

Array
2022/06/01

最近ブームになっている「昭和レトロ」。昔懐かしい雰囲気が「エモい」と若者たちに人気ですよね。京都市内にも素敵な昭和レトロ喫茶がたくさんありますが、少し足を延ばせばまだまだ知られざる昭和レトロな喫茶がたくさんあるんです!

今回は、海の京都・京丹後市で出合った喫茶店を2つご紹介。どちらも空間がとても素敵&エモくて、映えるスイーツもたくさんありました!昭和レトロ好きな人、必見です!

【新型コロナウイルスの感染拡大防止対策にご協力お願いします!】
・基本的な感染予防対策(マスクの着用・手洗い・身体的距離の確保など)を徹底してください
・屋外の活動も慎重にしてください
・発熱等の症状(発熱、咳、のどの痛み、息苦しさなどの症状)がある場合は、外出を控えてください

花や緑に囲まれたレトロ空間に胸キュン

喫茶ロペ/京丹後市網野町

丹鉄網野駅から徒歩12分。国道178号線沿いにある喫茶ロペ。コーヒーカップを表したかわいい看板が目印の喫茶店です。

お店の周りには、季節の花や緑がいっぱい!眺めているだけで癒やされますね。

まるで外国のお家みたいな雰囲気!

店内は、打って変わってレトロ感満点。1972(昭和47)年にオープンし、3年後の1975(昭和50)年に、同じ敷地内に建てた現店舗に移転しました。

ご主人の室野さん自身が元々レトロな雰囲気が好きだったことから、内装やテーブル、椅子のセレクトにもこだわり、落ち着いた趣のコーディネートを目指した空間。居心地の良さを感じられます。

なかでも室野さんが特にこだわったのが、お店の照明。ドイツ製のランプはわざわざ大阪まで足を運んで買ったのだそうで、ご本人もお気に入りのアイテム。レトロな空間にぴったりハマっています。

椅子も脚の低いスタイルのものを選んでいて、ゆっくり腰を下ろして寛げます。


ほの明るい照明の空間は、窓越しに注がれる自然光が柔らかな雰囲気を演出し、まるで映画のワンシーンを見ているかのよう。いつまでも過ごしていたい、そんな気分にさせてくれる、まさに名レトロ喫茶です。

さて、気になる喫茶ロペのスイーツですが、まずはケーキをご紹介。奥様の公子さんが、京都で洋菓子店を営む人から学んだ技術を活かし、多彩な自家製ケーキを用意してくれています。

ちなみに取材時のラインアップは、バターシフォンケーキにキャラメルケーキ。ベイクドチーズケーキにアップルパイ。さらに、ロールケーキまで!喫茶店でこれだけケーキ類が充実しているお店もなかなか珍しいですね。

ということで、バターシフォンケーキを注文。ふわふわしっとりのシフォンケーキにバターの濃厚なコク、酸味の効いたイチゴもかわいらしい、なんとも幸せになれるケーキです。

こちらは、チョコレートたっぷりのチョコロールケーキ。濃厚なチョコの風味が豊かな、チョコラバーにたまらないケーキです。

ちなみに、ケーキはどれも400円と値段もお手ごろ(ドリンクセットの場合は50円引き)。しかも、北海道産の小麦粉や甜菜(てんさい)糖、三重県産の平飼い卵など、素材にとことんこだわっているから驚きです。

人気のパフェは、ヨーグルトパフェやチョコレートパフェなどがスタンバイ。フルーツパフェ(650円)は、リンゴやバナナ、チェリーにパイナップルと、王道のフルーツがたっぷり!生クリームやアイス、ベリーソースと合わせて食べれば、美味しさもさらにアップします!

他にも、自家製食パンを使ったサンドイッチ(450円~)や自家製ミックスピッツァ(800円)、自家製ハンバーグピラフ(900円)など、とにかく自家製メニューが多いのが、喫茶ロペの魅力。次回は、ぜひご飯系メニューも食べたいものです!

こちらも人気のクリームソーダ(480円)。スッキリした味わいのメロンソーダとアイスがこんなに合うなんて、一体誰が考えたのでしょうね。撮影も楽しむなら、おすすめは窓側の席。自然光が入る空間を生かせば、こんなエモい写真も撮れちゃいます!

創業から半世紀にわたって、ご夫婦で切り盛りしてきた喫茶ロペ。ご主人の邦生さんも「自分たちのペースでゆっくり続けていきたい」と話すように、できれば少人数で訪れてほしいとのこと。静かに時が流れる喫茶ロペで、ゆったりとした時間を過ごしてみませんか。

■■INFORMATION■■

喫茶ロペ
TEL:0772-72-3670
住所:京都府京丹後市網野町網野85
営業時間:9:00~21:00
定休日:なし
Instagram

いま読まれてます
【京丹後市】昭和レトロ薫る京都の通な純喫茶巡り
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます