旅も人生も、もっと楽しく編集できる。

【亀岡市】昭和レトロ薫る京都の通な純喫茶巡り〜地元人に愛される喫茶〜

Array
2022/07/23

大好評の京都・レトロ喫茶を探訪するこちらのシリーズ、前回は海の京都・京丹後市のレトロな喫茶店を2店ご紹介しましたが、今回は森の京都・亀岡市にあるおすすめのレトロな喫茶店を2つご紹介します。

創業50年目を迎える軽食&喫茶 クニッテルは、レイクビューの開放的な空間が魅力的!ユニークな取組を続けるポポクラブファミリーの名物スパゲティは必食です!

【新型コロナウイルスの感染拡大防止対策にご協力お願いします!】
・基本的な感染予防対策(マスクの着用・手洗い・身体的距離の確保など)を徹底してください
・屋外の活動も慎重にしてください
・発熱等の症状(発熱、咳、のどの痛み、息苦しさなどの症状)がある場合は、外出を控えてください

レイクビューのレトロな空間で味わう絶品ごはん系メニュー

軽食&喫茶 クニッテル(亀岡市追分町)

1軒目にご紹介するのが、JR亀岡駅から徒歩4分とアクセス便利な場所にある軽食&喫茶 クニッテル。周囲の目を引くレトロでおしゃれな外観が目印の喫茶店です。

特に、菱形の意匠をあしらった壁の部分が洗練されていて、思わず写真に撮りたくなっちゃいます。

店内は、大きなテーブルの他、4人がけ、2人がけのテーブルも用意され、地元の人が多く訪れています。

大きく縁取られた窓の向こうには、丹波亀山城跡(大本本部)の緑とお堀(南郷池)が織り成す景色を望むことができ、ホッとリラックスできます。

お店の創業は、昭和48(1973)年。ご主人が当時流行っていた喫茶店ブームにあやかり、一念発起して開業しました。

ご主人自らがお店の建築設計に携わった空間は、大きな窓を配し、店内に柱を設けていないため、スペース以上の開放感を味わえます。

「クニッテル」というユニークな店の名前は、昭和39(1964)年、亀岡市と姉妹都市提携を結んだオーストリアのクニッテルフェルト市にちなみ、駅前通りが「クニッテルフェルト通り」と名付けられたことが由来。


「でも『クニッテルフェルト』だと長すぎて言いにくいから『クニッテル』で区切っちゃったの」と語る奥さん。創業以来、夫婦二人三脚でお店を切り盛りしてきましたが、平成30(2018)年にご主人が他界。その後は、奥さんと娘さん、スタッフのみなさんでお店を守り続けています。

ホットサンド1/2サイズ500円(ドリンクセットは800円)

クニッテルは、スイーツ系メニューの他にも、ごはん系のメニューが充実しているのが特徴。「そんなに特出したメニューなんてないのよ」と謙遜気味に語る奥さんにお願いして、お店おすすめのメニューを2品作っていただきました。

まずご紹介するのが、ホットサンドです。今では家庭でも気軽に楽しめるメニューですが、京都の喫茶店では早くからメニューに取り入れていたそうで、年代物のプレス機で焼き上げたサンドを楽しめます。

タマゴスプレッドとトマト、ハム、たっぷりのレタスにキュウリを挟んだこちらのホットサンド。シンプルながら飽きのこない味わいにファンも多いそうです。

鶏の竜田揚げ890円(ライス・エビフライ・目玉焼き・ポテトサラダ・生野菜のサラダなどがセット)

お店の開業にあたって料理学校でメニューづくりを学んだという奥さん。その後もさまざまなメニューづくりを行ってきましたが、こちらの鶏の竜田揚げも、奥さんがレシピを考案した一品。

大きな鶏の竜田揚げは驚くほどジューシーでやわらか!ご飯との相性は言うまでもなく100%!ライスにエビフライ、目玉焼き、ポテトサラダと生野菜のサラダ、おやつのバナナまでついてボリュームもいうことなしです。

他にも、亀岡牛を使ったハンバーグややわらかなトンカツも用意。どのメニューも日替わりが和食の時は20円引きとなっています。

■■INFORMATION■■

軽食&喫茶 クニッテル
住所:京都府亀岡市追分町馬場通28-1
TEL:0771-22-4194
営業時間:8:00~18:30※早い時間に終了する場合あり
定休日:月曜/火曜不定休

いま読まれてます
【亀岡市】昭和レトロ薫る京都の通な純喫茶巡り〜地元人に愛される喫茶〜
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます