温泉宿として至極まっとう、星三つ!女性が選んだ必ずリピートしたくなる宿9選

Array
2023/11/18

福地温泉 元湯 孫九郎/岐阜県

よき湯、よき宿が充実する「奥飛騨」は温泉好きにとって魅惑の地。

関東圏からだとちょっと距離があるので、そうしょっちゅうは行くことができませんが、昨年秋に訪れ再訪を誓っているのが福地温泉にある「元湯 孫九郎」。まだリピートは叶っていないのですが、必ずまた訪れると思うので紹介します。

蒼の湯(女性)image by:元湯 孫九郎

4本の源泉を持つ、奥飛騨でも有数の湯量を誇る温泉宿で、内湯、外湯ともに湯処の素晴らしさが強烈に印象に残りました。

野趣あふれる露天「蒼の湯」は自然の中に溶け込むような開放的なつくりで、若干鉄の香り漂うグリーンがかったにごり湯が実に上等です。こちらの湯は、温度の異なる2つの源泉をブレンドし、年間をとおして最適な温度で源泉掛け流しが楽しめるように工夫されているもの。

蒼の湯(女性)image by:元湯 孫九郎

内湯では無色透明のナトリウム炭酸水素塩泉にゆっくりとつかることができます。中性の美肌や美髪効果が高い湯なので女性には特に人気。贅沢に温泉の湯で髪の毛を洗えるよう洗髪コーナーが設けられているのも宿の自慢です。

内風呂(女性)image by:元湯 孫九郎

確かに温泉で洗った髪の毛は特別のトリートメントをしたようにツルツルになるので、ぜひお試しください。この温泉洗髪は男性客にも好評だそう。

蒼の湯(男性)image by:元湯 孫九郎

貸切露天も2つあり、リニューアルした客室も広々としたつくりなので、申し分のないリラックスタイムが過ごせます。温泉三昧を満喫するために訪ねたい山の宿でした。

  • 福地温泉 元湯 孫九郎
  • 岐阜県高山市奥飛騨温泉郷福地1005
  • 0578-89-2231
  • JR高山線高山駅から新穂高ロープウェイ行きのバスに乗車して約70分。福地ゆりみ坂バス停で下車。徒歩約1分
  • 1泊1室(2名利用) 1名あたり22,000円(税込)〜
  • 休館日:毎週水曜日
  • 公式サイト
  • 1名利用可、24時間入浴可

霧島温泉 旅行人山荘/鹿児島県

素晴らしい泉質で温泉好きを魅了する”霧島温泉”で気に入っているのが「旅行人山荘」。硫黄泉と単純泉2種類の源泉を持つこちらの宿は、5万坪の自然林の敷地を所有するエコフレンドリーな宿です。

見晴らし最高!開放感抜群!の露天風呂。image by:小林繭

高台に位置するため眺望が抜群で、敷地内には15分ほど歩くと滝に到着するお散歩コースや、湯上がりにちょっと休憩できる芝生のフリースペースがあったりと(夕陽を眺めたり星空鑑賞に最高!)、カジュアルな宿ながら居心地抜群。


露天から桜島を眺望できるのも素敵だし、敷地内に点在する4つの貸切露天も相当にハイレベルで野湯情緒にあふれています。

宿泊者はいずれか1カ所の露天風呂を貸し切ることができ、45分間無料で入れるので、自然を独り占めしながらじっくりと温泉を楽しめます。

森の中にある貸切風呂。image by:小林繭

広い客室からは窓の外に広がる開放感あふれる景色が楽しめ、お食事処でいただく食事には鹿児島のうまかもんが並び、そして、11時チェックアウトというのもまた嬉しいポイント。お値段を考えるとこんなに充実した内容でいいの?と思わずにはいられません。

新鮮な刺身に始まり丁寧に料理された品々が並ぶ夕食。image by:小林繭

ホスピタリティの充実と温泉のクオリティで勝負できる、すべてにおいて旅人を喜ばせてくれる宿。広い敷地を散策したり、複数の温泉を満喫することを考えると、なるべく早くチェックインすることをおすすめします。

  • 霧島温泉 旅行人山荘
  • 鹿児島県霧島市牧園町高千穂3865
  • 0995-78-2831 
  • JR霧島神宮駅よりバスに乗車し、丸尾バス停で下車
  • 1泊1室(2名利用) 1名あたり12,540円(税込)〜
  • 定休日:無休
  • 日帰り入浴:12:00〜(最終受付15:00)
  • 公式サイト
  • 1名利用可

黒川温泉 歴史の宿 御客屋/熊本県

温泉郷全体のホスピタリティに定評がある黒川温泉で、いい宿だなと思ったのが「歴史の御客屋」。

image by:Tripadvisor

江戸時代から続く半農半宿の宿で、客室わずか13室に対して湯処がなんと7つもあるのが特徴です。宿の源泉はナトリウム-塩化物・硫酸塩泉。メタケイ酸を豊富に含む実にマイルドな湯なので、長湯にもピッタリ!

image by:小林繭

実はこちらの宿は肥後細川藩の御用宿、献上湯としての歴史を持ち、明治以前まで一般の方の入浴は禁じられていたという名湯と聞き納得。

「御客屋旅館」の名物である立ち湯。image by:小林繭

内湯、露天とどのお風呂も大変素晴らしく、やさしい湯心地に思わずうっとりしますが、そんななかでも一番気に入ったのが半露天になった「里の湯」。この湯にある立ち湯が最高で、大きな枕木につかまり湯の水圧に体をゆだねる気持ちのよさにすっかりハマってしまいました。

自家野菜をはじめ新鮮で安心できる旬の食材を使った食事ももちろんとても美味。滋味豊かな品々に心までじんわり暖かくなります。

御客屋の夕食 image by:小林繭

また宿には竹細工や竹炭など地元の名産素材がさり気なく取り入れられ、全体的にとても心地よい匙加減でのおもてなしが好印象。温泉街の外歩きにも便利な立地なので、外湯めぐりを楽しみたい人にもおすすめです。

  • 黒川温泉 歴史の宿 御客屋
  • 熊本県阿蘇郡南小国町大字満願寺6546
  • 0967-44-0454
  • 日田ICより車で約60分。
  • 1泊1室(2名利用) 1名あたり18,700円(税込)〜 (食事の量が少ないプランは16,500円〜)
  • 休館日:不定休
  • 日帰り入浴8:30〜20:30
  • 公式サイト
  • 1名利用可

今回は、温泉はもちろんのこと、施設としても魅力溢れる宿を10選をご紹介しました。季節はもうすぐ冬本番。寒い日には、ぜひ温泉で至福の時間を過ごしてみてはいかがでしょうか。

  • image by:小林繭
  • ※掲載時の情報です。内容は変更になる可能性があります。
いま読まれてます

東京生まれ、湘南生息中のフリー編集ライター。インテリア、旅モノ、湘南情報を中心にお仕事しています。All About沖縄ガイド。目下、踊れる編集ライター目指し趣味のフラメンコに取り組む日々。趣味は温泉。

Instagram

エアトリインターナショナル 2024年はここが狙い目!海外旅行に行くなら穴場「ケアンズ」へ
温泉宿として至極まっとう、星三つ!女性が選んだ必ずリピートしたくなる宿9選
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます