親子で使えてこの値段!1万円以下で買えるおしゃれなトラベルグッズ

年末年始の連休の予定は決まりましたか?自宅でゆっくりするもよし、実家に帰省するもよし、なかには家族旅行を計画している人も多いのではないでしょうか。

子どもが小さいうちは親のバッグに子どもの着替えや荷物を一緒に入れるものですが、ある程度大きくなったら自分の荷物は自分で持たせることはもちろん、旅行の準備も自分でできるようになるといいですよね。

今回は、そんな子どもの成長に合わせて使いたい「トラベルグッズ」をご紹介します。

子どもが自分で整理できる「トラベルポーチ」5点セット発売

アンジェのベビーキッズブランド『kukka ja puu(クッカヤプー)』から、子どもの”自分で荷造り”を助ける「トラベルポーチ5点セット(2,970円)」が発売されました。

ミント×ベージュ image by:PR TIMES

家族で行く旅行はもちろん、修学旅行や宿泊学習にも最適なトラベルポーチ5点セット。お手持ちのリュックやスーツケースのなかを整理しながらすっきり仕分けることができます。

パッキングに便利なのはもちろん、旅先での様々なシーンを想定して作られた5種類のポーチ。ナップサックにもなる巾着ポーチに、ナップサックとほぼ同サイズの巾着。中が見やすいメッシュポーチが2つに、小物を収納しやすいミニポーチが5点もセットになっています。

グレー×ベージュ image by:PR TIMES
オレンジ×ベージュ image by:PR TIMES

カラー展開は「ミント×ベージュ」「グレー×ベージュ」「オレンジ×ベージュ」の3種類。子どもが率先してパッキングできるよう、見分けやすいカラーリングが採用されました。

image by:PR TIMES

ナップサックにもなる巾着ポーチ

image by:PR TIMES

5点セットのうち一番大きいのが、ナップサックにもなる「巾着ポーチ」。1点使いでも十分機能するので、旅先のホテルに荷物を預けたら、この巾着ポーチだけで外出も可能です。


image by:PR TIMES

サイズは、縦約43cm×横約34cmにマチが約5.5cm。持ち手の長さは約23cmです。大人が背負うミニリュックとしても重宝しそう。

着替えも入る大きめ巾着

image by:PR TIMES

たっぷり容量の「巾着」も、縦約43cmに横約34cm、マチは約5cmと、ナップサックとほぼ同サイズ。

image by:PR TIMES

防寒具や予備の下着、洋服もすっぽり入るので、かさばりやすい荷物をまとめて入れてしまいましょう。

メッシュポーチで日程ごとのパッキングも

色分けされた「メッシュポーチ」は、2日目、3日目に着る洋服を分けてパッキングするのに便利。持ち手のテープを色分けすることで、どちらがいつ着るものかわかりやすいのがうれしいポイント。

image by:PR TIMES

メッシュポーチだけでなく、すべてのポーチにお名前タグがついています。

image by:PR TIMES

衣類を入れるためのポーチは、縦約30cm×横約32cm×マチ約5.5cmと、秋冬のかさばる洋服にも対応するサイズ。普段はキャビネットの整理グッズとしても使えそうです。

小物がまとまるミニポーチ

image by:PR TIMES

そして最後は、歯ブラシセットや常備薬、絆創膏、虫よけ…と小物を分けるのに便利な「ミニポーチ」

荷物の中で迷子になりがちな細かなものや衛生用品は、このミニポーチにまとめてパッキングしましょう。

image by:PR TIMES

サイズは縦約14cm×横約22cm×マチ約5.5cmと、大人用のコスメポーチとしてもちょうどよさそうなサイズ。普段は家族で共有するのもいいですね。

さらにうれしいのが、すべてのトラベルポーチが洗濯機で洗える※ということ(※弱水流40℃以下に設定)。乾燥機にはかけられませんが、万が一汚してしまったときも安心です。洗う時には洗濯ネットを使用し、日陰で吊り干しにしましょう。

  • 整理して仕分けられる トラベルポーチ5点セット
  • 2,970円(税込)
  • 公式サイト商品ページ
  • 全3色(ミント×ベージュ、グレー×ベージュ、オレンジ×ベージュ)

リュックにもなる「2WAYボストンバッグ」との合わせ使いがおすすめ

軽くて使い勝手のいいトラベルポーチはどんなバッグとも相性抜群。そんななかでもとくにおすすめしたいのが「リュックにもなる 2WAY ボストンバッグ(5,390円)」です。

image by:PR TIMES

高さ約24cm×幅約46cmに奥行きが28cmと、子どもの荷物なら、2~3泊分程度がすっきり収まるサイズ感。容量は約30リットルと大容量ですが、重さは約520gと軽いのも魅力です。

image by:PR TIMES

子どもが小さいうちは「ちょっと大きいかな?」と感じますが、シンプルでスタイリッシュなデザインなので、中学・高校と使い続けるならちょうどいいサイズ。ボストンとリュックの2wayで使うことができます。

image by:PR TIMES

大人の女性が持っても違和感のないサイズ感です。

カラーはグレーのほか、ブラックとベージュを展開。落ち着いた色味でユニセックスで使えるのもうれしいですね。

image by:PR TIMES
  • リュックにもなる2WAYボストンバッグ
  • 5,390円(税込)
  • 公式サイト商品ページ
  • 全3色(グレー、ブラック、ベージュ)

今回は、kukka ja puuの商品2点をご紹介しました。

子どもが成長していくにつれ、修学旅行や宿泊学習、習い事や部活など、あらゆる場面で重宝しそうなトラベルグッズ。値段も手頃なので、ご家族用に1セット購入してみてはいかがでしょうか。

  • source: PR TIMES
  • ※税込価格です。
  • ※掲載時の情報です。内容は変更になる可能性があります。
いま読まれてます

TRiP EDiTORは、「旅と人生をもっと楽しく編集できる」をコンセプトに、旅のプロが語りつくす新しい旅行メディアです。

WebSite / Twitter / Facebook / Instagram / Mail magazine

エアトリインターナショナル 2024年はここが狙い目!海外旅行に行くなら穴場「ケアンズ」へ
親子で使えてこの値段!1万円以下で買えるおしゃれなトラベルグッズ
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます