2024年運気アップを狙うなら…鹿児島県「界 霧島」が送るパワースポットを巡る旅

Array
2024/01/17

年が明けてひと段落した今日このごろ。やっと落ち着いてきたところで、改めて今年の運気について考えてみませんか?今年はよりよい年にしたいと考えるなら、パワースポット巡りなんていかがでしょう。

そんな人にぴったりの企画が「古事記」に記された「天孫降臨(※注1)」伝説の舞台のひとつである、鹿児島・霧島で始まりました。

今回は、鹿児島のシンボルとして愛されている「桜島」を臨む温泉旅館「界 霧島」のおすすめプラン「霧島開運旅2024」をご紹介します。

※注1:皇室の御先祖が高天原から天降り、この国を豊かにそして平和に治められていく様子を語り伝えるもの。天孫降臨の地については諸説あり、現在の宮崎県「高千穂町」と霧島山脈の「高千穂峰の山頂」が2大有力候補地とされています。

鹿児島県・霧島市の温泉旅館「界 霧島

温泉旅館「」は、「星野リゾート」が展開する温泉旅館ブランド。

「王道なのに、あたらしい。」というテーマを掲げ、地域の伝承や季節の移ろいといった伝統に現代的なニーズを巧みに取り入れた空間とサービスを提供しています。

界 霧島 image by:PR TIMES

今回のプランで舞台となるのは、「界」ブランドが展開する鹿児島県・霧島市の温泉旅館「界 霧島」です。

場所は「日本二百名山」のひとつに数えられる霊峰「高千穂峰」のちょうど中腹あたりという、天孫降臨神話ゆかりの地として知られる霧島のパワーを一身に受けるエリアに位置しています。

image by:PhotoAC

山の中腹だけあって、お部屋からの眺めは圧巻。なんと全客室から桜島を見下ろすことができるという贅沢なつくりで、お部屋にいるだけで鹿児島らしさを充分に実感。驚きの開放感を感じることができます。

注目の温泉についても、スロープカーに乗車して下ってゆく、お部屋から少し離れた広大なすすき野原に湯浴み小屋が設えられているというユニークなもの。「パノラマビュー露天風呂」という名称の通り、視界を遮るものが一切ない中で満喫する湯浴みは格別です。


「霧島神宮」は南九州随一のパワースポット

国宝にも指定される「霧島神宮」は南九州随一のパワースポットです。

image by:PR TIMES

宿泊だけでも魅力的な「界 霧島」ですが、2022年から始まった「霧島開運旅」を利用すれば、パワーチャージレベルもアップ。

毎年リニューアルが施され、第3弾となる「霧島開運旅2024」は、過去の実施時にも好評だった「開運体験」に、霧島の持つ魅力的な大自然の要素をプラス。神話の世界をたっぷりと感じながら、パワースポットを巡ってゆきます。

霧島開運旅2024プラン

実際に「霧島開運旅2024」で実施されるプラン内容を説明していきます。

霧島神宮にて特別祈願と「九面」を特別拝観

image by:PR TIMES

前述のとおり、霧島は、「天孫降臨神話」にゆかりが深い地。

「界 霧島」では、ホテルスタッフが神々に扮し、太鼓や神楽鈴を使い「天孫降臨」の物語を表現した躍動感ある演舞「天孫降臨ENBU」を通年開演しています。演舞には、霧島神宮に祀られている九面(くめん)を模した面をつけた神々が登場します。

九面と「工面(くめん)」をかけ「工面が良くなる」という伝承を持ち、九面拝観は金運にご利益があると言われています。

本プランでは、霧島神宮で特別祈願をした後に、一般公開していない九面を、神楽殿にて特別拝観することができます。

ご朱印帳に御朱印をいただく

image by:PR TIMES

さらに、伝統の薩摩和紙を表紙に用いたオリジナルのご朱印帳を作る体験ができます。表紙のデザインは、縁起の良い麻の葉や亀甲など4種類。

霧島神宮に参拝した最後にご朱印をもらって帰れば、自分だけの開運グッズが誕生します。

霧島神水峡で開運ウォーキング

image by:PR TIMES

そして、今年から登場する新体験が「霧島神水峡で開運ウォーキング」。

霧島神宮からほど近い、自然に囲まれた渓谷「霧島神水峡」で、特別な呼吸法や歩き方を習いながらウォーキングするというもの。日頃の悩みや邪念を払い、集中力を高める呼吸法や歩き方をレクチャーしていただけます。

体を包む澄んだ空気に浄化されるような、気持ちの良いひとときを過ごすことができます。

清め塩と温泉で穢れを祓う

image by:PR TIMES

お宿では、清め塩と温泉で穢れを祓う体験を。

客室露天風呂で桜島や錦江湾の絶景を眺めながら、霧島神宮の祭典でお供えされた「撤下神饌の清め塩」を使用して穢れを祓い、心身ともにスッキリです。

開運にちなんだ焼酎を薩摩切子のグラスでいただく

image by:PR TIMES

お部屋に戻った後は、開運にちなんだ焼酎でゆっくりと晩酌。

奄美大島で1,000本のみの限定製造品である黒糖焼酎は、その名も「開運伝説」。亀甲文様が施された薩摩切子のグラスで、深い香りとコクをじっくりと味わいます。

気になるお値段は、2名1室利用時で1名あたり1泊60,650円~。プランの全てに加え、夕食・朝食も込みのプライスとなっています。予約は2024年1月から受付開始。年内12月までの特別プランです。

大自然に囲まれた温泉旅館「界 霧島」を舞台に、1日をかけてたっぷりと「開運」時間を過ごす「霧島開運旅2024」。神々がここへと降り立ったことが実感できるような霧島の自然と共に、心身を清めるひとときを過ごしてみてはいかがでしょうか。

  • 界 霧島「霧島開運旅2024」
  • 鹿児島県霧島市霧島田口字霧島山2583-21
  • 予約 050-3134-809(受付時間:9:30〜18:00)
  • 霧島神宮駅
  • 料金:1泊60,650円~(2名1室利用時1名あたり、税・サービス料込)
  • 開催期間:2024年1月~12月
  • 公式サイト
  • 公式サイト「霧島開運旅プラン」ページ
  • source:PR TIMES
  • image by:Shutterstock.com
  • ※掲載時の情報です。内容は変更になる可能性があります。
いま読まれてます

美容師・ヘアメイクを経て映画業界に転身。フリーの記者カメラマンとして国内外のレッドカーペット取材や俳優インタビューを行いながら、来日イベントの企画運営・PR、記者会見や舞台挨拶のMCなど洋画をメインに活動。現在は育児のため仕事をセーブし、ライターとして幅広いジャンルの記事を執筆中。

Instagram

エアトリインターナショナル 2024年はここが狙い目!海外旅行に行くなら穴場「ケアンズ」へ
2024年運気アップを狙うなら…鹿児島県「界 霧島」が送るパワースポットを巡る旅
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます