ジモトのココロはTRiP EDiTORに生まれ変わりました。

最も住みたい田舎No.1が決定!西日本がランキング上位を独占

TRiP EDiTOR編集部
TRiP EDiTOR編集部
2016/01/02

『田舎暮らしの本』を発行する株式会社宝島社が、「2016年版 住みたい 田舎 ベスト ランキング 」を発表しました。 2012年からスタートしたこの調査は、定住促進に積極的な市町村に10ジャンル全106項目のアンケートを実施し、田舎暮らしの魅力を数値化しランキング形式で紹介しています。

「家族での定住のしやすさ」がカギ

最も住みたい 田舎 No.1が決定!西日本が ランキング 上位を独占

今回は過去最多となる574の市町村から回答が集まり、兵庫県朝来(あさご)市と鳥取県岩美(いわみ)町が総合1位を同率で獲得しました。 どちらの市町村も「子育て、住宅、雇用など移住者支援が充実している」など家族で定住がしやすい要素で、総合的に点数が高かったことから選ばれています。

また第3位に佐賀県武雄(たけお)市、大分県豊後高田(ぶんごたかだ)市、大分県宇佐市の九州3県が同率で並ぶなど、九州地域のちからの入りが感じられました。

全国で広がる移住者呼び込みの動きから、若い世代への地方移住の動きが増加する中で、アンケート内容も「移住者歓迎度」 「移住者支援制度の充実度」 「移住者受け入れ実績」 「老後の医療介護体制」 「子育てのしやすさ」 などジャンルを見直しました。

10ジャンル

移住者歓迎度
移住者支援制度の充実度
移住者受け入れ実績
老後の医療介護体制
子育てのしやすさ
都市住民との交流
日常生活
交通の便
自然の豊かさ、伝統的な景観・文化の保全
災害リスク

次ページ:6位以降のランキングはいかに?

TRiP EDiTOR編集部

TRiP EDiTORは、「旅と人生をもっと楽しく編集できる」をコンセプトに、旅のプロが語りつくす新しい旅行メディアです。

最も住みたい田舎No.1が決定!西日本がランキング上位を独占
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます
ついでに読みたい
 埼玉 実は7日までOK。初詣でやってはいけない「お願い事」と「帰りの寄り道」 ★ 39
 広島 女神の島・宮島に誕生した、女性を夜まで虜にする広島のゲストハウス ★ 333
 和歌山 成功した街・ポートランドが、有田川町のまちづくりに関わり始めたわけ ★ 616
 全国 人生まるっと失わされた20代の若者が考える、地域で生きるという選択 ★ 111
 秋田 今こそ年貢の納め時。茅葺古民家を「村民」が守るシェアビレッジ町村 ★ 688
 三重 伝説のサーファー記事でヒット!三重のウェブサイトが急成長した理由 ★ 403