千住に生きる人々の生き様を映し出す。下町で生まれる不思議アート

Array
2016/01/14

3

美術家の友政麻理子さんによる自主映画制作プロジェクト「知らない路地の映画祭」では、千住の街を舞台に出演者・脚本・監督を一般の参加者で構成した映画づくりに挑戦。千住のおやじバンドのライブをビデオ撮影している人や、子供と一緒にお手伝いしたいというお母さん、千住に住む香港からの留学生などが制作したもので、こちらは3月中旬に上映されます。

実は外国人が多い足立区

ところで足立区は外国人居住率が東京23区内でも上位で、特にフィリピン人の居住率が高いのをご存知ですか?

AC_WEB

1月23日に開催されるドキュメンタリー映画『ハーフ』上映会&トークイベントは、そんな足立区の特徴を象徴したもの。区内のフィリピン人の中でも多くを占めるのが40~50代の女性たちで、彼女らの子供の多くはハーフとして生まれ、足立区内の小学校に通っています。ハーフが身近な足立区だからこそ、映画を通してハーフの人たちの複雑な心境や、現代の日本での多文化的な経験を伝えていきます。

KUBO_WEB-563x360
同時期に開催される久保ガエタン氏の「記憶の遠近法」

音には世代や国籍をすぐに超えられる力がありますし、なによりも聴いているだけで楽しいもの!

さらに舞台を千住地域に限定することで地域の発見にもなる「アートアクセスあだち 音まち千住の縁」。芸術を通じた新たなコミュニケーションを生み出すことで、地域との関わりや人の温かさを知り、千住がもっと好きになること間違いありません。

地元の人はもちろん、遠方からでも、そんな新しい縁が生まれる瞬間を感じてみてはいかがでしょう。

アートアクセスあだち 音まち千住の縁

公式サイト:http://aaa-senju.com/

いま読まれてます

東京生まれ。構成作家、ライター。
パリ第8大学造形美術学部修士課程終了。パリ滞在を経て、自分が生まれた日本をもっと知りたい!と思うようになりました。特に芸術祭が開催される場所を巡るのが好きです!

 栃木 ストリップ劇場がお化け屋敷に?不思議のまち・別府市で「混浴温泉世界」開催 ★ 74
 兵庫 公園の可能性を探る社会実験。神戸に手作りの青空図書館を作ったら… ★ 310
 佐賀 名シェフもうなる有田焼の魅力。佐賀県が目指す世界に通用する器作り ★ 64
 宮崎 思わず2度見。フランス人による小林市の移住動画に誰もがだまされる ★ 3148
 和歌山 成功した街・ポートランドが、有田川町のまちづくりに関わり始めたわけ ★ 1294
 大分 温泉でシンクロはできるのか。湧出量1位の大分県が前代未聞の挑戦 ★ 15300
エアトリインターナショナル オーストラリアってどんな国?夏までに行きたい「気になる都市」を見つけよう!
千住に生きる人々の生き様を映し出す。下町で生まれる不思議アート
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます