旅も人生も、もっと楽しく編集できる。

いつかの誰かの水曜日に出会う。「赤崎水曜日郵便局」に届いた物語

なつぺぃ
なつぺぃ
2016/02/03

2016年1月26日、ある一冊の本が出版されました。タイトルは「赤崎水曜日郵便局」。なんともユニークなネーミングですが、実はこれ、実在する郵便局のお話なんです。局名に曜日が入っているちょっと変わった名前の郵便局は、誰かと誰かの「水曜日」を繋げる、不思議な郵便局です。

誰かと誰かの水曜日を繋ぐ「赤崎水曜日郵便局」

title

赤崎水曜日郵便局には、全国から水曜日の出来事が書かれた手紙が集まります。宛先は「熊本県葦北郡津奈木町福浜165番地その先」。その住所の先にいるのは、同じように水曜日の出来事を送った、見知らぬ誰かです。そしてまた、見知らぬ誰かから返信を受けることになります。ちょっとしたドキドキと、ほんの少しの切なさを含んだ、一期一会の片道書簡なのです。

撮影:森賢一
撮影:森賢一

2013年6月、熊本県津奈木(つなぎ)町の「海の上の小学校」に注目が集まります。かつては水俣病の被害地にもなっていたこのまちは、かねてより芸術によって地域の再生に取り組んでいました。そんな津奈木町の海上に浮かぶ旧赤崎小学校を活用しようと始まったアートプロジェクトが「赤崎水曜日郵便局」です。

この地を舞台に、これまでに約5000通の手紙のやり取りが行われました。書き手は小学生から会社員、主婦、お年寄りなど、老若男女様々。そんな彼等が書く内容は、その日にあった何気ない出来事や、仕事、子育て、恋愛相談など、ごく日常的な出来事です。別の誰かに聞いてもらいたい、誰かに届けたい出来事をしたため、この赤崎水曜日郵便局へと送ります。

③撮影_森賢一
撮影:森賢一

書籍『赤崎水曜日郵便局』には約200通もの手紙が載っています。1つの手紙で手書きと活字、2パターン読むことが出来ます。手書きの文字は十人十色それぞれの味があって、手紙の向こうにいる誰かを彷彿とさせます。内容も、心躍るものもあれば、ハッと気付かされたり共感したり、思わず涙が出そうになったり…。1つ1つじっくり読みたくなる手紙ばかり。そして、この手紙を書いた人は今どうしているだろう、と思いを馳せてしまいます。

一気に読むのもいいけど、毎週水曜日に一通ずつ読んで、誰かの水曜日を思い浮かべてみるものいいかもしれませんね。

次ページ:探したい、水曜日の消息

なつぺぃ

ぺーいと鳴くネコ。大分から東京に出てきてもう7年経ってしまいました。多趣味過ぎて日々金欠な生活。東京は金がかかる。時々ひょっこりライターとして顔を覗かせます。見つけたら「ぺーい!」と指差してやってください。喜びます。

いつかの誰かの水曜日に出会う。「赤崎水曜日郵便局」に届いた物語
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます
ついでに読みたい
Adobe(アドビ システムズ 株式会社) 詐欺なんて言わないで。旅行中の「失敗写真」を奇跡の1枚に直してみたぞ
 全国 地方あるあるに胸が痛い!女子高生と「地域活性化」を学ぶマンガ ★ 4066
 全国 あの石破大臣も読んでいた!地域活性化を女子高生と学ぶマンガ読者の反応は ★ 478
 東京 もう二度と見られない。公園になったトトロの家の貴重な11枚の写真 ★ 155
 全国 「まずいみかん」で一発大逆転!あの田舎が地方創生できたわけ ★ 43
 東京 その季節感、繊細すぎる。七十二候を和菓子で表現・書籍「IKKOAN」 ★ 45
 京都 疲れた身体に脱・デジタル。 星のや京都で五感を研ぎ澄ます癒やし時間 ★ 85