旅も人生も、もっと楽しく編集できる。

大野から、水への恩返し。海外支援型地域ブランディングに注目集まる

TRiP EDiTOR編集部
TRiP EDiTOR編集部
2016/02/09

街のいたるところで「清水(しょうず)」と呼ばれる美しい水が湧き出ている福井県大野市。大野市民の生活の中にはいつだって清水がありました。まちの財産でありアイデンティティでもある水。水に恵まれた大野市民が「水への感謝」を生み出す、あるプロジェクトが立ち上がったのです。

Carrying Water Project「水への恩返し」

大野から、水への恩返し。海外支援型 地域 ブランディング に注目集まる

北陸の高い山々が連なる福井県の東部に位置する大野市。山に降った雨や雪解け水がじっくりろ過され、湧き水となって街を潤しています。中でも泉町にある「御清水(おしょうず)」は昭和60年に全国名水百選に選ばれたほど。

 

この水はまちの人々に豊かな作物をもたらすだけでなく、ホタルやイトヨという、きれいな水でしか生きていけない生き物にも住処を与えています。昔から豊かな清水と供に生きてきた大野市。そんな水への恩返しとして始まったのが「Carrying Water Project」です。

このプロジェクトは大野市の人口減少対策の一環として2015年5月から始まりました。大野市を支えてきた豊かな水の恵みについて、国内だけでなく世界に向けて広く発信しようという目的があります。

大野から、水への恩返し。海外支援型 地域 ブランディング に注目集まる

過去50回以上続いてきた「越前大野名水マラソン」では大野の水を給水所に置くなどのPR活動を行ったり、「おおの城まつり」で水鉄砲大会を行ったり、様々な形で「大野=水のまち」をアピール。また、2015年10月に行われたミラノ万博にも出展し、世界に向けて宣伝。大野の水を試飲してもらうと「すごく優しい味」「美味しい!」という声が多く聞こえ、世界にも愛される水だということが証明されました。

次ページ:海外支援型地域ブランディングがもたらす効果

TRiP EDiTOR編集部

TRiP EDiTORは、「旅と人生をもっと楽しく編集できる」をコンセプトに、旅のプロが語りつくす新しい旅行メディアです。

大野から、水への恩返し。海外支援型地域ブランディングに注目集まる
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます
ついでに読みたい
三井住友カード 旅好きが密かに駆使してるクレジットカードの裏ワザ
 神奈川 人口3万人以下のまちだけを集めたアンテナショップ・kura-cafeの魅力 ★ 390
 宮城 奪われた海岸林を取り戻せ!林をイチから再生する10ヵ年計画がアツい ★ 17
 全国 あなたはどっち?究極の2択に悩むご当地グルメお取り寄せランキング ★ 8
 福井 まだ都会で遊んでるの?福井の森が大人の好奇心も揺さぶる冒険空間へ ★ 146
 福井 眼鏡の聖地・鯖江が挑んだ、SNSプライバシー保護メガネがカッコイイ ★ 90
 奈良 食から始まる工芸デビュー。300周年・中川政七商店発信のおいしい伝統 ★ 15