旅も人生も、もっと楽しく編集できる。

デザート梅干しってなにそれ!ご当地特産てんこもり「紀州みかん梅」

TRiP EDiTOR編集部
TRiP EDiTOR編集部
2016/04/18

ご飯のお供、もしくは筆者のように酒飲みならば梅干しサワ―…という、カワイイイメージから程遠い「梅干し」ですが、今回和歌山県から発売されるのは、まるでデザートのように甘くて、冷やして食べるのがオススメな梅干しです!

冷やして美味しい、デザート梅干し

デザート梅干しってなにそれ!ご当地特産てんこもり「紀州みかん梅」

和歌山県みなべ町の梅干し専門店・ぷらむ工房が販売するのは、みかん果汁を梅干しにたっぷり染み込ませた「紀州みかん梅」。和歌山県の特産品と言えば、紀州みかんと南高梅。この2大名物を使って新しいタイプの梅干しを作りました。

和歌山県産のみかん果汁を紀州南高梅にたっぷりとしみ込ませて、さらに日向夏のピールがちりばめた「紀州みかん梅」は、ほんのりとみかんの香りと甘さが広がります。一般的な梅干しは塩分量が10%前後なのに対して、「紀州みかん梅」は塩分5%と低いので、甘じょっぱいデザートとしてもいただけます。

デザート梅干しってなにそれ!ご当地特産てんこもり「紀州みかん梅」

厳選した肉厚の紀州南高梅を使っていて、少なめの塩で作っているため、食感もやわらか。噛むとじんわりみかん果汁のジューシーな甘さが広がり、日向夏ピールの甘さと柑橘特有のほどよい苦味と香りが相まってクセになる味。

TRiP EDiTOR編集部

TRiP EDiTORは、「旅と人生をもっと楽しく編集できる」をコンセプトに、旅のプロが語りつくす新しい旅行メディアです。

デザート梅干しってなにそれ!ご当地特産てんこもり「紀州みかん梅」
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます
ついでに読みたい
 和歌山 2015年秋しか見られない高野山。開創1200年を祝う御開帳で歴史旅へ ★ 136
 全国 「まずいみかん」で一発大逆転!あの田舎が地方創生できたわけ ★ 43
 和歌山 『真田丸』をもっとリアルに楽しむための、高野山・九度山の歩き方 ★ 89
 佐賀 ここが変だよ有田町!移住者だから気づいたまちの「おもしろ」探し ★ 68
 和歌山 成功した街・ポートランドが、有田川町のまちづくりに関わり始めたわけ ★ 616
 京都 itonowaの成功は歴史と糸が教えてくれた。33mの空き家に人が集うわけ ★ 67