ジモトのココロはTRiP EDiTORに生まれ変わりました。

給食の思い出も蘇る。元小学校を改装した「南島原食堂」が連日満席

TRiP EDiTOR編集部
2016/11/30

日本も少子化社会と呼ばれ約20年がたちました。その影響や市町村の合併に伴う統廃合によって、今では公立校の廃校数は毎年400校を超えているといわれています。そのような廃校となった校舎を有効活用するプロジェクトが国から支援されており、宿泊施設や美術館、老人ホームなどや飲食施設に転用する例があるそうです。そういった中で、今回は長崎にある南島原で廃校を改修した「南島原食堂」が新しい観光スポットとして注目され、連日満員だということですので紹介させて頂きます。

連日満員で大人気!手延べそうめんが話題の「南島原食堂」

ようこそ、南原食堂へ

image by 南島原食堂公式

今話題となっている「南島原食堂」は、大正元年に建てられ、地域に愛されながらも2013年に廃校となった長野小学校塔ノ坂分校を改修してオープンした食堂です。

廃校を利用した食堂

image by: 南島原食堂公式webサイト

009

image by 南島原食堂公式

木造校舎の趣はそのままに、新たな木材を使用し、どこか懐かしさを漂わせる食堂の世界観が広がる内装となっています。一歩足を踏み入れれば、思わず幼少時代を思い出してノスタルジックな気持ちになりそうですよね。

010

image by: 南島原食堂公式webサイト

2016年10月にオープン以降、完全予約制にも関わらず連日満席が続いており、かなり大好評とのこと。

 

南島原食堂さん(@okaeritown)が投稿した写真

 

南島原食堂さん(@okaeritown)が投稿した写真

 

その目玉メニューが、16種類のそうめんを一口ずつ堪能することができる南島原食堂だけのオリジナルメニュー「おかえりそうめんセット」(800円)。「めんたい」、「帆立バター」、「シーザーサラダ」などの様々な味はもちろんのこと、個性溢れる見た目もカラフルで、ひとつひとつ丹念に作られているのがよくわかります。

その他、新鮮な果物や野菜を使ったヘルシーなホットスムージーも提供しているようです。メニューをご覧になりたい方はこちらから

008

image by: 南島原食堂公式webサイト

TRiP EDiTORは、「旅と人生をもっと楽しく編集できる」をコンセプトに、旅のプロが語りつくす新しい旅行メディアです。

給食の思い出も蘇る。元小学校を改装した「南島原食堂」が連日満席
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます
ついでに読みたい
 全国 都会にいても「ふるさとを応援したい!」で立ち上げた飲食交流サロン ★ 53
 全国 自宅で「肉フェス」。ふるさと納税で狙いたい三大和牛はコレ ★ 12
 大阪 人間、本当に美味しいと黙る。大阪のソウルフード「肉吸い」 ★ 76
 全国 日本なのに、ここは異国か? 目を疑うほど「外国な風景」9選 ★ 1082
 全国 時代は「デザイナーズ銭湯」。460円で楽しめる都内の豪華な銭湯5選 ★ 6229
 全国 約130年前にイタリア写真家が撮った「鮮やかな」日本人女性 ★ 95