ジモトのココロはTRiP EDiTORに生まれ変わりました。

日本なのに、ここは異国か? 目を疑うほど「外国な風景」9選

TRiP EDiTOR編集部
TRiP EDiTOR編集部
2016/08/17

夏休みの季節がやって参りました。海外旅行がしたいけど時間がとれない、今のご時世行きたい先の治安が不安、などの理由で国内に滞在される方も多いのではないでしょうか。そんなあなたに、海外に滞在しているような気分になれるとっておきの穴場スポットを紹介しましょう!

1. 古き良きアメリカがここに「ジョンソンタン」(埼玉)

まるでここはアメリカ?と思わせてくれるコミュニティがありました。

それは都心から約60分程度で辿り着く埼玉県入間市のジョンソンタウンです。ここは、「米軍のジョンソン基地軍人が住んでいた米軍ハウス群を残した区画」です。

以前に米軍が居住していた住宅をリフォームした「米軍ハウス」と、「平成ハウス」と呼ばれる本来の米軍ハウスの良さを残し、現代的な造りにアレンジした住宅が立ち並んでいます。雰囲気はアメリカン風そのもの。

この場所が気に入った場合には実際に住むことも可能で、現在は、130世帯・210名ほどが暮らしているそうです。

このエリアにはレストラン、カフェ、雑貨屋だけでなく、ボルダリングジム、ダンススタジオ、犬の保育園など個性豊かなお店が50件近くもあります。

入間の平均的な家賃と比較して1.5倍近くもしますが、空き部屋はすぐに埋まってしまうほどの人気だとか。こんなアメリカナイズされた場所にも関わらず、意外にも外国人を見かけないそうで、認知度はまだ低めの穴場ともいえそうです。

 

@7011_amikaが投稿した写真

またこのお洒落なロケーションを活かして、ロックバンドの「Dragon Ash」がミュージックビデオを撮影したり、そのほか映画、雑誌の撮影などにも使用されているようです。

 

keychanさん(@green_bucker)が投稿した写真

ポストもジョンソンタウン仕様に。

赤ではなく青色です。

 

Tokyo Japan.さん(@hy7wendy)が投稿した写真

こんなツリーハウスも発見。

なぜか北欧のアイドルムーミンが顔をのぞかせています。

 

KEIICHIさん(@keiichi_office)が投稿した写真

インテリアもアメリカンで統一されています。

実際に訪れた方々のTwitterでの反応です。

TRiP EDiTOR編集部

TRiP EDiTORは、「旅と人生をもっと楽しく編集できる」をコンセプトに、旅のプロが語りつくす新しい旅行メディアです。

日本なのに、ここは異国か? 目を疑うほど「外国な風景」9選
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます
ついでに読みたい
ジャルカード さあ梅雨があけた。今年の夏こそ行ってみたい、日本の美しき離島
 全国 こんなに美しかったのか。外国人が撮った100年前の日本の写真 ★ 1191
 東京 そうだ、日本に染まろう。浅草のハイセンスな海外旅行客向けホステル ★ 119
 東京 デザイナーズ銭湯の次は「サ道」。都内の本格すぎるサウナ施設5選 ★ 96
 全国 時代は「デザイナーズ銭湯」。460円で楽しめる都内の豪華な銭湯5選 ★ 6322
 全国 これが日本の美女。古今東西「美人」と呼ばれた女性たちの変遷 ★ 1791
 全国 50歳から住みやすい地方ランキング発表。第1位には九州のあの都市 ★ 2899