旅も人生も、もっと楽しく編集できる。

マチュピチュが愛媛に?外国人が見間違える、日本の海外そっくり絶景

Array
2020/06/16

2. モンゴルのゲルが出現「阿蘇ファームヴィレッジ」/熊本県

dome_cabin_in_the_daylight__3584998259___1024
image by:AHLN / CC BY

2016年に発生した熊本地震以来、被災者受け入れも行い、営業を同年8月に再開させた熊本県阿蘇郡の阿蘇ファームランド内にある「阿蘇ファームヴィレッジ」。

モンゴルのゲルを彷彿とさせるこの建物群は、なんとドーム型ホテルなんです。

image by:photolibrary

健康にスポットを当てたテーマパークで、スパや温泉、運動施設や動物とふれあえる場所も併設しています。ユニークな450棟ものドームが大自然にとけ込むこの風景は異空間そのもの。夜の風景もまるでモンゴルの夜空をみあげているようです。

3. まるで東洋のマチュピチュ「別子銅山跡」/愛媛県

image by:photoAC

ペルーの世界遺産「マチュピチュ」、あるいはジブリ映画の『天空の城ラピュタ』を連想させるスポットが、愛媛県にある「別子銅山跡」です。

鹿森ダムimage by:photoAC

ここはかつて世界一の産銅量を誇り、愛媛県新居浜市の山麓部にあった銅山です。1691年〜1973年の約280年間に70万トンを産出し、日本の貿易産業に大きく貢献しました。

image by:photoAC

標高750mの山中にその銅山跡を構える「東平」と呼ばれる地域がありますが、ここは1916(大正5)年から1930(昭和5)年までのあいだに採鉱本部が置かれた場所です。

東平索道基地跡image by:photoAC

最盛期には、鉱山で働く約5,000人もの社員やその家族が実際に住んでいた空中都市でもあり、生活に必要な施設も構え中心地としてにぎわっていたそう。

image by:photoAC
image by:photoAC

2007年に石見銀山が世界遺産に登録されたことがきっかけで、別子銅山も世界遺産登録を目指す動きがあるといわれています。


いま読まれてます
 全国 非公開: こんなに美しかったのか。外国人が撮った100年前の日本の写真 ★ 1191
 東京 そうだ、日本に染まろう。ハイセンスな浅草のホステル「BUNKA HOSTEL TOKYO」 ★ 139
 東京 デザイナーズ銭湯の次は「サ道」。都内の本格すぎるサウナ施設5選 ★ 182
 東京 【東京】時代は「デザイナーズ銭湯」。470円で楽しめる都内の豪華な銭湯5選 ★ 6521
 全国 これが日本の美女。古今東西「美人」と呼ばれた女性たちの変遷 ★ 2891
 全国 50歳から住みやすい地方ランキング発表。第1位には九州のあの都市 ★ 2988
マチュピチュが愛媛に?外国人が見間違える、日本の海外そっくり絶景
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます