旅も人生も、もっと楽しく編集できる。

日本に来た外国人がリアルに買っていく「意外なお土産」【2019】

赤池リカ
赤池リカ
2019/07/26

ちょっと意外?ものづくり大国・日本ならではのお土産

前述で紹介した商品以外にも、意外な人気お土産はたくさんあります。そのひとつが、爪切り

sub2
image by: PR TIMES

「外国にも爪切りって、あるよね?」と思うかもしれませんが、日本製の爪切りはクオリティが高く、海外製のものと比べると切れ味が違うそうです。これも、ものづくり大国ならではのお土産と言えそうですね。

またロフトでは日本製の水筒が、中国人観光客に人気のようです。白湯やお茶を飲む習慣のある中国人は常に水筒を持ち歩くので、日常的に使える日本のメーカーの「タイガー」や「象印」をよく買っていくとのことでした。

カラフルで可愛い「南部鉄器」がヨーロッパで人気!

image by: 岩鋳

岩手県の伝統工芸品である南部鉄器。南部鉄器は日本でも身近な製品のひとつでしたが、最近では海外から人気を集めています。なかでも従来の南部鉄器とは一味違う、カラフルな急須がヨーロッパを中心に話題です。

岩鋳での伝統的な南部の鉄器について学びます。

特に盛岡の「岩鋳(いわちゅう)」の急須は、海外でもファンが多く、国内外に100万点もの製品を販売しているそうですよ。

使い切りじゃない。一生使える「ジブン手帳」

一生つかえる手帳をコンセプトに、近年注目されている「ジブン手帳」。実際に台湾へ帰省する際に「ジブン手帳」をお土産として持ち帰って、とても喜ばれたという台湾出身の方に話を聞いてみました。

ジブン手帳Biz スタンダードサイズ image by: PR TIMES

「お土産で買ったのは、Panasonicのドライヤー、目薬、猫の餌、手帳かな。特にジブン手帳は良かったと言われました。手帳は一年ごとに買い換えるのが普通だけど、ジブン手帳は一生使える。来年の予定も書き換えなくて良いし日記も書ける。あと、紙の素材がとても素敵って言っていた!」

日本のお土産が海外で好評だと、なんだか嬉しい気持ちになりますね。このほかには、どのようなメイド・イン・ジャパンのアイテムが人気を集めているのでしょうか。実際にアメリカと韓国、マレーシアからの訪日観光客に伺ってみました。

編集部が訪日外国人観光客のみなさんへ、リアルに聞いてみた

●アメリカからの観光客(30代・男性)

「日本の包丁は力を入れずに食材を切れるのでマストバイです!名前を入れてくれるサービスも素晴らしいです」

●韓国からの観光客(40代・女性)

「友人のお土産にロイズのチョコレートを買いました。ロイズは韓国でも人気がありますし、メイド・イン・ジャパンのチョコは美味しいですよね!」

●マレーシアからの観光客(40代・女性)

「ハンドクラフト製品を買っていきたいですね。あと、楽器は日本製がいいので。九州エリアはフルーツや米が素晴らしいのでそれも買いたいです」

以上、外国人に人気のお土産を紹介しました。私たちにとっては身近なアイテムでも、いつもと違う視点になると日本らしい「お土産」の対象となる、意外なものが入っていましたね。


東京オリンピック・パラリンピックまであと少し。ご存じの通り、政府はオリンピックを迎える2020年には訪日外国人観光客を4,000万人までに増やすというビジョンを掲げており、実際にここ数年で海外から訪れる外国人観光客が増えています。

 

 

海外から友人が日本に来た時には、どのようなものがほしいか、尋ねてみてください。意外な答えがかえってきて、新たな発見を得られるかもしれません。

image by: 編集部

source: 日本政府観光局(JNTO), PR TIMES, 岩鋳

※掲載時の情報です。内容は変更になる可能性があります。

※初回掲載2017年8月16日/更新2019年7月26日

大学時代にドイツへ1年間留学。卒業後は旅行・グルメ・恋愛系のライターとして活動中。大好きなハンバーガーとビールのために、休日はボルダリングとヨガで汗を流す。

日本に来た外国人がリアルに買っていく「意外なお土産」【2019】
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます
ついでに読みたい