ジモトのココロはTRiP EDiTORに生まれ変わりました。

日本に来た外国人がリアルに買っていく「意外なお土産」

TRiP EDiTOR編集部
TRiP EDiTOR編集部
2017/08/16

観光客がコンビニで買うのは「お菓子」

また、観光庁の発表によると訪日外国人1人当たり旅行支出は14万9,248円(平成29年4月〜6月期)。この中にはお土産代も含まれますが、お土産事情として購入率が最も高い費目は「菓子類」(66.7%)となっています。
20170814_zu01
出典:観光庁
そして、旅行者の買い物場所としては、「コンビニエンスストア」 (64.7%)がトップ。(続いて、「空港の免税店」(60.9%)、 「ドラッグストア」(58.8%)の順) 
この傾向を考えると、外国人旅行者は「お土産のお菓子」を買うのに「コンビニ」を利用しているのではないでしょうか。

では、一体どんなものが人気なのでしょうか?

台湾で起こった「ブラックサンダー事件」

3561467110_5f352d4d1e_z

image by: Flickr

日本でもおなじみのチョコ菓子「ブラックサンダー」。
実はこのお菓子を巡り、2014年に台湾で巻き起こった「ブラックサンダー事件」をご存知でしょうか? 
一時に台湾で大人気となり、品薄状態が続いたそうです。
現地メディアによると、当時はブラックサンダーを買い求める人が殺到し、社会問題にまで発展したそうです。

台湾では2011年から輸入を開始。翌年に「BIGサンダー」もライナップに加わりましたが、この「BIGサンダー」のファンが急増。2013年9月から現在までに、台湾だけでおよそ300万個が販売され、2月に「ブラックサンダー」「BIGサンダー」あわせて20万個が輸入された際は、たった2日で完売したとか。台湾のあるスーパーでは、1日の販売分72パックを求めて行列ができ、瞬時に売り切れ。また、ネット上では「グループ購入」をうたって金を騙し取る詐欺事件も発生しているという。「BIGサンダー」販売休止のニュースは台湾で速報され、テレビのニュース番組でも話題に。

現在は、ブームも落ち着きましたが、その当時、異常なブームを目の当たりにした台湾在住者によれば、「当時、日本の一時帰国したときに、ブラックサンダーをお土産に会社に持って行きましたが、瞬時になくなりました(笑)今も台湾にもありますが、日本と比較すると値段は1.5倍ほど台湾のほうが高いので、今でも台湾人はおみやげに買っていくのではないでしょうか」とのこと。
ブラックサンダーチョコをもらって嬉しいという人たちの声も!

「数ヶ月前に、ある人がブラックサンダーチョコバーをお土産でくれたんだけど、嬉し泣きしそうだった」

「日本からお土産。このお菓子の名前はブラックサンダー!」

TRiP EDiTOR編集部

TRiP EDiTORは、「旅と人生をもっと楽しく編集できる」をコンセプトに、旅のプロが語りつくす新しい旅行メディアです。

日本に来た外国人がリアルに買っていく「意外なお土産」
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます
ついでに読みたい
  夏の離島ランキング、1位は黒島。「フォトジェニックな島」が上位独占 ★ 894
 沖縄 台風情報でよく聞く「南大東島」がトリビアまみれの島だった ★ 136
 青森 ちょっと今年の「田んぼアート」さん、本気出しすぎじゃないですか ★ 568
 海外 【海外の町おこし】街中をハッピーにするフランスのトリックアート ★ 588
 東京 なんだろうこの懐かしさ。都内で食べる「台湾の駅弁」が密かなブーム ★ 412
 東京 夜のプールはテンション高め。水着美女が乱舞する「ナイトプール」 ★ 146