旅も人生も、もっと楽しく編集できる。

青森のミステリーサークル、再び。今年は地元民の「足跡」に拡大

斎藤美佳子
斎藤美佳子
2018/02/20

キンと冷えた雪原に浮かぶ巨大な雪の結晶。これ、すべて人の足跡によって描かれたスノーアートなのです。昨年はたった一人でつくったスノーアートが話題になりましたが、3回目を迎える青森県田舎館村のスノーアートの今年はどんなデザインなのでしょうか? 足跡の陰影がおりなす幾何学模様の美しさをご覧ください。

 

2018年は1から地元製作に挑戦!

これまでの2年は、世界でただ一人のスノーアーティストであるサイモン・ベックさんが来日して制作してきました。

2017年の記事> 青森の雪原にミステリーサークルが出現。犯人はたった1人の「足跡

 

この制作時に田舎館村を始めとする近隣の有志の皆さんが講習を受け、2017年にスノーアーティスト集団Its’ OK.を発足。この2018年のスノーアートは、このスノーアーティスト集団Its’ OK.の皆さんの手、いや、足によって図案づくりからメンテナンスまで行われたのです。

 

スノーアート完成間近

三連休前の2月9日、田舎館村の「道の駅いなかだて」で朝からスノーアート制作が始まりました。わたしが到着した15時頃には、もうすっかり完成の直前!昨年まではサイモン氏一人で雪原を歩いていましたが、10数人のメンバーで声を掛け合いながら息を合わせて歩いている様子も見どころでした。

 

完成直前のスノーアート

 

2018年のスノーアートのタイトルは「煌めく冬(Glistening Winter)」。中央のメインシンボルは雪の結晶と星、その周辺には田舎館式土器や刺し子の模様を取り入れらています。

 

ちなみに、この会場、夏は田んぼアート第二会場として多くの観光客を呼んでいます。半年前には、このように桃太郎が鬼退治に出る雄姿が、色とりどりの稲で描かれていました。

tanboart

 

見渡す限りの田んぼを有効に活用されていますね!

 

ライトアップされたスノーアートが美しすぎる

完成したスノーアートは、2月10日~12日の三連休に雪遊びやスノーアート体験ワークショップなど様々なイベントを取り入れながら公開されていました。駐車場から会場までの小道もキャンドルで幻想的な雰囲気になっています。

キャンドルとオブジェを飾ったりんごの木箱が並ぶ小道

 

わたしが訪れた11日夜は、田舎館村の子どもたちの版画や、ライトペインターハラタアツシさんのアートが展望台側面に投影されていました。

子どもの版画が影絵となって投影されている

 

 

Atsushi Harataさん(@aohpa)がシェアした投稿

 

見上げると、展望台に上るのをためらうほどの風雪です。

 

0211snow

 

直通エレベーターでいっきに上ると、ちょっとだけ雪が小降りになり、ライトアップされたスノーアートがクッキリと見えました!

0211snowart

 

そして、また風が強くなってきました。

 

 

気温はマイナス7℃ですが、それ以上に冷たく感じます。

斎藤美佳子

北海道生まれ、青森県弘前市在住のブロガー。津軽人の夫と、子どもとともに弘前市に移住。自宅を拠点にパソコンで仕事をしつつ、津軽エリアの地域情報を日々ブログで発信中。趣味でハンドメイドのキセカエヤやこぎん刺しもしています。ブログ: saitoumikako.com

青森のミステリーサークル、再び。今年は地元民の「足跡」に拡大
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます
ついでに読みたい
 全国 こんなに美しかったのか。外国人が撮った100年前の日本の写真 ★ 1191
 大分 大分県はベリー元気です。「別府温泉」の体を張った観光復興CM ★ 484
 青森 巨大スター・ウォーズが青森に!田舎館村「田んぼアート」で観る名作映画 ★ 35
 青森 そのパワーに医者もタジタジ…日本一の青森りんごが女性に良い理由 ★ 216
 青森 どうせハゲなら明るく照らそう!青森・鶴田町でツルツルが大集合 ★ 1139
 鳥取 どっちが日本一? 鳥取砂丘より30倍も広い砂丘が「青森」にひっそりある ★ 396