旅も人生も、もっと楽しく編集できる。

銭湯好きの新たな遠征スタイル。走って行く「風呂ラン」が気持ちいい

“走る”フリーライター・三河賢文
“走る”フリーライター・三河賢文
2018/05/26

今回は白井駅から『白井の湯』まで片道約5kmの道のり。気温が高く、ゆっくり走っても汗が出てきます。ゴールである温泉の旗が見えると、心なしかペースが上がっていたようでした。きっとお風呂で汗を流し、サッパリした自分をイメージされたのでしょう。

そして看板を見上げつつ、「ここか、走って着けたなー!」と嬉しそうな阿部さん。私も一緒に走りましたが、“目的地がある”ことはランニング時のモチベーションにも繋がります。特に仲間と喋りながら走れば、長い距離でもあっという間に感じてしまうことでしょう。

シャワーより風呂!温泉ならさらに効果倍増!

ゴールに着いたら、さっそく入浴です。受付の流れは風呂施設によって異なりますが、多いのが下駄箱コインロッカーそれぞれで100円必要(使用後返却)というケース。両替がイヤな方は、あらかじめ100円玉を用意しておきましょう。私はよく忘れてしまい、帰りには財布が両替した100円硬貨だらけになっています。

汗をかいた身体は、しっかり洗ってから入浴するのが基本。シャンプー&ボディソープは据え置きしているところが多いものの、事前に確認しておくと安心です(無い場合は販売されています)。また、タオル有料貸出がほとんどなので持参すると良いでしょう。

疲れた後のお風呂は、まさに至福のひととき。阿部さんも「気持ちいい〜!」と、つい笑顔がこぼれていました。よくランニング後にシャワーだけで済ましてしまう方がいますが、入浴には以下のようなメリットがあります。

・心身をリラックスさせてくれる
・温熱作用で血流が良くなり疲労回復が期待できる
・水圧による全身のマッサージ効果が得られる

ランニングによる疲労を後に残さないためには、シャワーより入浴がオススメ。風呂ランには、こうした目的も隠されています。

お風呂の種類は場所によってさまざまですが、露天風呂があると気分が上がる方は多いはず。屋外ということで、暑い時期には半身浴なんて良いでしょう。

そのほか、訪れた場所の特徴的なお風呂を堪能するのもオススメ。例えばこちらは千葉県初という、天然温泉を用いた高濃度炭酸泉。そのほか、塩サウナ電気風呂などもありました。こうした特別感があると、ちょっとした旅行気分を味わえます。

のぼせない程度にゆっくりと。阿部さんも、色んな種類のお風呂に入りながら、リラックスされているようでした。お風呂で疲れた身体を癒やしたら、今度はエネルギー補給へと移ります。


三男一女の大家族フリーランス。中学〜大学まで陸上競技部に所属(中・高:中・長距離、大学:十種競技)。引退後はコーチとして活動。7年のブランクを経て2011年7月からランニングをスタートし、現在はトライアスロンやウルトラマラソンにも挑戦しています。

銭湯好きの新たな遠征スタイル。走って行く「風呂ラン」が気持ちいい
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます
ついでに読みたい
 全国 走りながら旅も楽しむ「旅ラン」ブーム、バックパックはどれがいい? ★ 32
 全国 「水分補給」と「かけ湯」。入浴前に必ずすべき2つのこと ★ 147
 東京 地名で歩く東京散歩。新宿にある静寂の街「愛住町」のナゾ ★ 99
 東京 モダンな銭湯に生まれ変わった! 東京のリニューアル「銭湯」まとめ ★ 120
 大分 女子高生が温泉でシンクロ。大分県の温泉動画第二弾がキラキラしてる ★ 2347
 全国 時代は「デザイナーズ銭湯」。460円で楽しめる都内の豪華な銭湯5選 ★ 6401
 東京 東京にも天然温泉。「源泉かけ流し」が楽しめる都内の本格温泉5選 ★ 186
 東京 近くて手頃な炭酸泉。460円で楽しめる東京23区内の「炭酸泉」銭湯 ★ 479
 東京 銭湯研究の第一人者・町田忍氏がこっそり教える、都内のレトロ銭湯 ★ 86