ジモトのココロはTRiP EDiTORに生まれ変わりました。

モダンな銭湯に生まれ変わった! 東京のリニューアル「銭湯」まとめ

野田 英和
野田 英和
2017/07/12

前回、「460円で楽しめるデザイナーズ銭湯」を紹介しましたが、他にもリニューアルして生まれ変わった銭湯はまだまだたくさんあります。今回は続編として、近年リニューアルをした都内の銭湯スポットを中心にご紹介します。460円で楽しめる銭湯へ行ってみましょう!

「魚のいるお風呂屋さん」、『改正湯』(蒲田)

2011年にリニューアルした改正湯【画像:公式サイト】

大田区蒲田は温泉地」とは東京都民でも知らない人の方が多い隠れた事実。蒲田界隈は温泉に入れる銭湯がいくつもある地域です。その中でもJR蒲田駅からも比較的近く、筆者の一押し銭湯が開業1929年の『改正湯』。2011年にリニューアルしたオシャレ銭湯です。

壁側に水槽が!  【画像:公式サイト】

こちらでは、黒湯の天然温泉はもちろん、何と言っても、世界でも珍しい「黒湯炭酸泉」を楽しめます。近年人気の炭酸泉を黒湯に加えているんです

また、水風呂も黒湯(黒水?)となっており、まさに東京ならではの黒湯三昧の銭湯です。さらに壁の水槽では金魚やチョウザメ(!)が泳いでいるというユニークな面も。魚たちを鑑賞しながら浸かることができます。

equipment-4 2
ロッカーもきれい!【画像:公式サイト】

また銭湯では、ヨガや落語のイベントなども開催しています。

【住所】東京都大田区西蒲田5-10-5
【電話】03-3731-7078
【営業時間】15:00〜24:30
【定休日】金曜日
公式サイト

野田 英和

面白そうなことなら何でも興味ある、史跡めぐり好きな都内在住のライター。足が棒になるほど街歩きをした後、銭湯に浸かることを楽しみにしている。主に都内が行動範囲だが、日本全国を回ることを目標にし、旅行を計画する日々。

モダンな銭湯に生まれ変わった! 東京のリニューアル「銭湯」まとめ
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます
ついでに読みたい
ジャルカード さあ梅雨があけた。今年の夏こそ行ってみたい、日本の美しき離島
 全国 【続】地元出身者をイラッとさせる、言ってはいけない一言シリーズ ★ 977
  女性の混浴デビューにぴったり。波の音まで聞こえる伊豆の混浴温泉 ★ 139
 静岡 【伊豆の奇跡】限りなく透明に近い青の秘境「ヒリゾ浜」に行く方法 ★ 169
 神奈川 ポーランド人が描いた「ノスタルジックな横浜」が泣ける ★ 3291
 栃木 混浴ですけど大丈夫? 女性が学んだ混浴温泉の入り方「奥鬼怒温泉」編 ★ 335
 大分 女性の温泉ひとり旅。昭和レトロ感がたまらない大分県・鉄輪温泉編 ★ 211