ジモトのココロはTRiP EDiTORに生まれ変わりました。

ふんわり+こんがり=新食感!台湾発ティースタンドの新作パオが超ぱんぱん

TRiP EDiTOR編集部
TRiP EDiTOR編集部
2018/05/30

最先端業態「ティースタンド」をご存知でしょうか。紅茶をメインアイテムに使ったドリンクと、サンドイッチなどの軽食をテイクアウトのスタンド形式で提供するお店のことです。台湾の街角にはポップなティースタンドがたくさん出店していて、タピオカ入りミルクティーなどがどこでも美味しく飲めます。

そんなティースタンドですが、すでに日本国内でも人気が出始めています。台湾に2013年に登場してから瞬く間に人気店となった本格派のティースタンドTHE ALLEY(ジ アレイ)」は、すでに台湾での店舗数は20店舗を超え、世界各地に出店している人気店で、日本へは2017年7月に初上陸しています。そんなTHE ALLEYが、常識を超える食感の新作パオを発表しました。

抹茶ラテなども人気です

中華のパオ(包)といえば、豚の角煮を挟んだとろふわの角煮まんが一番に思い出されますが、発表された新作パオは、こんがり焼き上げたサクサクのパオに多様な材料を挟んだ、おしゃれな「グリルド パオ」と進化しているそうです。

ふんわりパオを、こんがりプレスした新食感『グリルド パオ』が、こちら!

自由が丘限定、THE ALLEYのグリルド パオは、店内でグリルでこんがり焼き上げたパオに、魚や肉、野菜をたっぷり詰め込み、見た目でワクワク、食べたら驚くサク・フワ新食感のフードメニューです。

和洋中を楽しめる。3種のグリルド パオのラインナップ

「五種お豆とひじきの具だくさんサラダ」 420円(税抜)

きんぴらひじき五種のお豆と雑穀を合わせ、胡麻ドレッシングで仕上げたサラダと、甘辛いポークジンジャーソテーは相性抜群!!

「アジアンチキンとキャロット・ラぺ」 480円(税抜)

ピーナッツバターチリソースの甘辛さがチキンとからまりクセになる美味しさ。小山緑茶の茶葉入りキャロット・ラぺで後味もすっきり!

「スパイシーCava(サバ)? サンド」 520円(税抜)

ジューシーなレッドキャベツマリネをたっぷり詰め込んだ一品。スパイシーなカレーマヨネーズソースが味のアクセントにGood。

THE ALLEY(ジ アレイ)で感動のお茶体験を

2013年台湾でスタートした本格派ティースタンドTHE ALLEY(ジ アレイ)」は、台湾国内20店舗を超え、海外ではカナダ、マカオ、マレーシア、香港、上海、ベトナムに出店。日本ではサナギ新宿店表参道店渋谷店ルミネ新宿店恵比寿店自由が丘店があります。

ハイセンスで落ち着きのある店内

お茶を通じて生活に感動をもたらすことをモットーに展開するTHE ALLEYのお茶は、飲む人の味覚だけでなく心まで驚きで満たしてくれそうですね。ぜひ、ランチタイムにお茶と一緒にグリルド パオを頬張ってみてください。

観光地情報

情報:PR Times

TRiP EDiTOR編集部

TRiP EDiTORは、「旅と人生をもっと楽しく編集できる」をコンセプトに、旅のプロが語りつくす新しい旅行メディアです。

ふんわり+こんがり=新食感!台湾発ティースタンドの新作パオが超ぱんぱん
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます
ついでに読みたい
 東京 なんだろうこの懐かしさ。都内で食べる「台湾の駅弁」が密かなブーム ★ 412
 海外 【リアル孤独のグルメ 台湾篇】親日の台湾で見つけた不思議な「日本料理店」 ★ 133
 海外 そういえば台湾に行きたかった【エキゾチックグルメ編】 ★ 42
 台湾 【台湾シリーズ③】日が暮れるまで、台湾を食べ歩き ★ 43
 台湾 【話題】美しすぎる台湾・故宮博物院のコインロッカー ★ 699
 台湾 インスタ映えする台湾のランタン祭り、実は自分でも飛ばせるんです ★ 33
 台湾 初めてなのに懐かしい台湾【九份・迪化街・三峡老街めぐり】 ★ 9
 台湾 台北の端っこにある、日本人好みの絶品「牛肉麺」 ★ 10
 台湾 台湾で「神様」になった日本人・小林三武郎氏の数奇な運命 ★ 1209