ジモトのココロはTRiP EDiTORに生まれ変わりました。

インスタ映えする台湾のランタン祭り、実は自分でも飛ばせるんです

TRiP EDiTOR編集部
TRiP EDiTOR編集部
2017/12/16

こんにちは、ジモココ編集部です。今回ジモココ編集部では年に一度、台湾で開催される「平渓天燈祭(ピンシーテンダンサイ)」を紹介します。毎年、元宵節に開催されますが、今年は2018年3月2日。本記事では、平渓天燈祭の楽しみ方について解説します。

 

平渓天燈祭の見所は?

「平渓天燈祭」の見所は、なんと言っても無数のランタンが夜空へ飛んでいく光景ですが、楽しみ方もいろいろ。

他の人がランタンを飛ばしてるのを写真に抑えるのもあり、自分でランタンを飛ばすのもあり、

 

自分のランタンを空へ飛ばそう!

人が飛ばすランタンを見るのもいいですが、せっかくきたなら、自分でもランタンを飛ばしたいですよね。「天燈(てんだん)」と呼ばれるランタンを飛ばすには現地会場へ行って整理券が必要となってくるようです。

ただ、整理券は午前中に配布されるので、整理券をゲットしたとしても、ランタンを飛ばす夜までは時間はかなりありますので、その空き時間のプランニングも必要ですね。周辺エリアの紹介については、こちらの記事で紹介しています。

旅行会社によっては、整理券付きのツアーもあるそうなので、旅行会社に頼るのも手ですよね。

整理券をゲットできなくてもチャンスあり!

weniliou : Shutterstock.com

メイン会場でランタンを飛ばすための整理券がもらえなかった場合も諦めないでください。そんな人のために、十分界隈の個人商店でもランタンを飛ばしてくれるサービスがあります。願いことをランタンに書き込むと、お店の人が飛ばしてくれます。

午前中に整理券をもらいにいくのは面倒という方には、こちらを利用してみるのもいいと思います!

ちなみにこの周辺のお店では年間を通じて、ランタンを飛ばしてくれるので、「平渓天燈節」の時期以外でも、ここに訪れる価値はあると思います。

 

SNS映えする夜空に舞うランタン

昨今、「インスタ映え」という言葉が流行していますが、SNS映えする写真を撮って、インスタグラムやフェイスブックなどにあげることが日常的となっています。この点から言えば、「平渓天燈祭」はまさにフォトジェニックな祭りと言えるでしょう。

いろいろなアングルからランタンが舞い上がる瞬間を撮ってみるのもまたひとつの楽しみですよね!

 

▶︎まずは、打ち上げる瞬間を。

 

Miki Nomotoさん(@nomotrip)がシェアした投稿

 

 

▶︎まだ明るい時間で、ランタンが舞う様子もパチリ

 

@hondamana_がシェアした投稿

 

▶︎加工機能を使ったら、また一味違った写真も。

 

hueiliさん(@hueilieuh)がシェアした投稿

 

 

 

【平渓天燈節の関連記事】

伝統のランタン祭り「平渓天燈祭」とは?
「平渓天燈祭」に日帰りで行く方法
祭りのローカル線「平渓線」を散策

TRiP EDiTOR編集部

TRiP EDiTORは、「旅と人生をもっと楽しく編集できる」をコンセプトに、旅のプロが語りつくす新しい旅行メディアです。

インスタ映えする台湾のランタン祭り、実は自分でも飛ばせるんです
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます
ついでに読みたい
 海外 【リアル孤独のグルメ 台湾篇】親日の台湾で見つけた不思議な「日本料理店」 ★ 133
 台湾 【台湾シリーズ③】日が暮れるまで、台湾を食べ歩き ★ 43
 台湾 【話題】美しすぎる台湾・故宮博物院のコインロッカー ★ 699
 東京 なんだろうこの懐かしさ。都内で食べる「台湾の駅弁」が密かなブーム ★ 436
 台湾 初めてなのに懐かしい台湾【九份・迪化街・三峡老街めぐり】 ★ 9
 台湾 台湾メーカーのスマホが安く買える。台北の穴場スポット「電気街」へ ★ 397