ジモトのココロはTRiP EDiTORに生まれ変わりました。

NY進出で大成功した「大戸屋」と「いきなりステーキ」の共通点

高橋克明
2018/08/21

アメリカ独自の文化を面白おかしく紹介する、米国の邦字紙「WEEKLY Biz」CEOでメルマガ『NEW YORK 摩天楼便り-マンハッタンの最前線から-by 高橋克明』の著者・高橋さん。今回は、ニューヨークに進出して6年。今なおニューヨーカー達から絶大な支持を集める定食チェーン「大戸屋ごはん処」の戦略を徹底分析します。

進化する日本食レストラン

“にっぽんの食卓ごはん”をスローガンに、日本でお馴染みの定食チェーン「大戸屋ごはん処がニューヨークに進出したのは2012年4月、いまからちょうど6年前です。

華々しいオープニングレセプションには創業者の故・三森久實会長も来米し、出席されました。

当時、今ほど開拓されきれていないエリア(Flatiron/フラットアイアン)にオープンしたので、ここだけの話、現地の取材陣は「こんなところで大丈夫かな」と話していました。 実際に僕が会長にインタビューした時も、ロケーションについて思わず「勝算は?」とダイレクトに聞いてしまったことを覚えています。

しかし! 初めの数ヶ月はスロースタートだったにも関わらず、それからの快進撃は目を見張るもの。

同年末には2店舗目をその1年半後には3店舗目をタイムズスクエアにオープンしました。

とにかく各店、連日超満員。 ニューヨーカーたちで賑わい「行列のできる店」になるのに時間はかかりませんでした。

弊社オフィスの近くにタイムズスクエア店がオープンした際は、“行きつけ店”ができる!と喜んだものの、平日ですら開店前から行列ができるようになり、気軽に行けるお店ではなくなりました。 とにかくそれくらい、地元のニューヨーカーに受け入れられました。

3店とも目抜き通り沿いにあるわけでもなく、外観もどちらかというとひっそりと佇む趣。 知らずに前を通っても見過ごしてしまう感じ、、、それでも常に超満員

価格も平均25ドル(2700円位)はする定食に、飲み物、税金、チップを足せば、一人軽く40ドル(4200円位)強はしてしまう。 日本で大戸屋を知っている人からしたら、びっくりな価格。 同じメニューでもたぶん3倍以上、、、、、それでもつねに超満員。

大戸屋のニューヨーク店は、結局、繁盛するのは立地でもなく価格でもなくクオリティーだということを立証したモデルケースだとも言えます。

『NEW YORK 摩天楼便り-マンハッタンの最前線から-by 高橋克明』
全米No.1邦字紙「WEEKLY Biz」CEO 兼発行人。同時にプロインタビュアーとしてハリウッドスターをはじめ400人のインタビュー記事を世に出す。メルマガでは毎週エキサイティングなNY生活やインタビューのウラ話などほかでは記事にできないイシューを届けてくれる。

NY進出で大成功した「大戸屋」と「いきなりステーキ」の共通点
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます
ついでに読みたい
 全国 1年でほんの数秒間、大都市から人が消える瞬間を切り取った写真 ★ 320
 アメリカ 『ゴッドファーザー』のロケ地に最近、美味しいランチ店が急増 ★ 16
 ニューヨーク 60年代リスペクトなピザ屋も登場。NYで流行「スローバックスタイル」とは ★ 14
 ニューヨーク NYでも「おひとりさま」がブームに。一人旅に最適なスポットは? ★ 74
 ニューヨーク NYのセレブに話題、インスタ映えするサウナ「ハイヤードーズ」とは? ★ 11