旅も人生も、もっと楽しく編集できる。

レンタルすればいいのか。キャンピングカー借りて気軽にグランピング

TRiP EDiTOR ニュース
2018/08/31

おしゃれなグランピングから、一人の時間を満喫するソロキャンまで、さまざまな楽しみ方が魅力のキャンプ。そのなかでも一度は体験してみたい、憧れの「キャンピングカー」を気軽にレンタルできるサービスが、2018年9月よりスタートします。

車体すべてをフルラッピングしているフォトジェニックなキャンピングカーのレンタルを開始するのは、千葉県・養老渓谷に女性のためのグランピング・キャンプ空間として「REWILD RIVER SIDE GLAMPING HILL」(リワイルド リバーサイドグランピングヒル)を2018年4月からオープンさせた、信光オールウェイズです。

キャンピングカーを所有している人や好んで乗る人は、キャンプ経験も豊富で、行き先や何をするかの目標もハッキリしている、いわゆる玄人なイメージ。その見た目に憧れつつも、キャンプ初心者にはハードルが高いのがキャンピングカーです。

しかしREWILDのレンタルサービスは、初心者でもキャンプを満喫できるように、楽しみ方まですべてをコーディネートしてくれるんです。

テントサイル(空飛ぶテント)
野外で映画を楽しめるナイトシアター

キャンピングカーにはキャンプ用品もしっかり積んであり「空飛ぶテント」「ナイトシアター」など、どれも実用的で写真映えするアイテムばかりです。

車内は最大6名まで寝ることができるベッドスペースがあるので、テントの設営が難しいと感じる初心者でも快適にアウトドアが楽しめます。

キャンピングカーの運転が不安な人や、極力面倒を減らしてキャンプを楽しみたいグループ向けに、希望があればテントなどの組み立ての手伝いも兼ねてスタッフが帯同する「#運転手付きプラン」もあります。

普通のキャンプでも、重い荷物を運ぶために車を出すことが多いかと思いますが、そうすると運転手はお酒が飲めないのが難点。そこをクリアにして、キャンプに参加する全員が思う存分にくつろぎ、楽しむことができます。


またレンタルの予約の際に、車が乗り入れられるキャンプ場(オートキャンプ場)への案内や、楽しみ方の提案も行っています。さらには、要望があれば自宅までキャンピングカーを持ってきてくれるサービスまで。荷物だけでなく移動も最小限に抑えて、とにかく気軽にキャンプが楽しめます。

キャンプ初心者でもおしゃれに楽しめる、移動式グランピング「グランピング・キャンピングカー」とも言える同サービス、涼しくなるこれからの季節に試してみてはいかがですか。

観光地情報
  • REWILD
  • シーズン(3月~11月)平日 40,000円/day 休日 49,000円/day 、オフシーズン (12月~2月)> 平日 35,000円/day 休日 40,000円/day、 運転手付きプラン 15,000円/day
  • http://rewild-camping.com/car-rental/

source: PR TIMES

TRiP EDiTORは、「旅と人生をもっと楽しく編集できる」をコンセプトに、旅のプロが語りつくす新しい旅行メディアです。旅行に関するトレンドニュースをお届けします。

レンタルすればいいのか。キャンピングカー借りて気軽にグランピング
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます
ついでに読みたい
 国内 「まくら投げ」まさかの全国大会開催。一発逆転「先生がきたぞ〜」もアリ ★ 740
 海外 韓国が1位。日本人が夏に行きたい「海外旅行ランキング」TOP10 ★ 534
 国内 1位は奄美大島。2018年夏、人気急上昇の「離島」ランキング ★ 1629
 山梨 まさか泊まれるの? 富士山麓に突如現れた、白いドームの正体 ★ 136
 鳥取 ホテルのような快適さ!鳥取・大山で楽しむ「グランピング」キャンプ ★ 146