トレンドはエアビー。around20女性が求める最新「ハロウィン」とは

Array
2018/10/01

109ガールズ 第3位 ハロウィンのお菓子を買う(20.5%)

続いては、109ガールズのランキングの発表です。

image by: Shutterstock.com

第3位は首都圏女子にもランクインしていた「ハロウィンのお菓子を買う(20.5%)」となりました。スイーツ専門店からコンビニまで、気軽に話題作りできるところが評価されているのではないでしょうか。

109ガールズ 第2位 学校や職場でお菓子交換(26.8%)

image by: Shutterstock.com

続く第2位には、「学校や職場でお菓子交換(26.8%)」がランクイン。こちらも首都圏女子同様の結果となりました。ハロウィンにお菓子交換をするのは、もはや定番になりつつあるようです。

109ガールズ 第1位 仮装をする(41.1%)

image by: Mix and Match Studio / Shutterstock.com

そして第1位にランクインしたのは「仮装をする(41.1%)」でした。約4割と、109ガールズから圧倒的な回答が集まりました。なお、首都圏女子では16.8%だったので、109に実際に訪れている女性は、イベント参加なども積極的に行う、アクティブな部類に入るのではないでしょうか。


首都圏女子・109ガールズ、それぞれハロウィンにやってみたいことは?

さらに、首都圏女子と109ガールズに「ハロウィンでやってみたいこと」を質問してみました。

首都圏女子の3位は「友達とお揃いの仮装をする(39.1%)」、2位は「ハロウィン仕様のお菓子を買う(43.5%)」、1位は「ハロウィンスイーツを作る(43.5%)」となり、首都圏女子の興味関心は、期間限定のイベント参加よりも、バレンタイン的な身近なイベントとして楽しみにしているのがわかります。

image by: Aduldej / Shutterstock.com

一方、109ガールズの3位は「友達とテーマを決めて仮装をする(37.6%)」、2位は「友達とおそろいの仮装をする(40.0%)」、1位となったのは「かわいいハロウィンパーティーに参加する(43.5%)」でした。109ガールズは、ただの仮装ではなくワンランク上の仮装に興味がある模様。やはりイベントへの参加にも意欲的なことがわかります。

SHIBUYA109 lab.所長「ハロウィンの新しい楽しみ方を模索中」

SHIBUYA109 lab.の所長を務める長田麻衣さんはこれからのハロウィンについて、次のように話しています。

「ハロウィン上級者は『エアビー』などで部屋を借り、友人を集めてホームパーティーをするという楽しみ方を始めており、『イベント感』と『身内感』が共存する楽しみ方が今後も増えていくことが予想されます」


今まで通りのハロウィンの楽しみ方がだんだんマンネリ化してきているという傾向を指摘し、次の楽しみ方を模索している現状があるようです。

トレンドを形作る若い世代の女性が、どのようにハロウィンを楽しんでいるのかがわかった今回の調査。まだまだ変わらず、ハロウィンは人気のイベントのようですね。2018年も各地でたくさんのハロウィンイベントが開催されますので、今の「流行り」を体感しに、足を運んでみてはいかがでしょうか。

source:PR TIMES

いま読まれてます

平成生まれの編集・ライター。旅行ガイドブックを手がける編集プロダクションで修行を積み、現在はふらふらしている。好きな国は街歩きが楽しい台湾。

 国内 いまだにFAXって…外国人から見たニッポンのがっかりなところ ★ 275
 その他のエリア 韓国人と中国人が気になっていた、日本とは微妙に違う礼儀作法 ★ 321
 国内 秋の絶景を車窓から。紅葉に出会えるローカル列車の旅【2020年】 ★ 789
 福島 ハロウィンお菓子の新定番?福島県民こころの味「おばけせんべい」 ★ 21
 海外 外国にもある「100円ショップ」、どんなものが売ってるの? ★ 33
エアトリインターナショナル コスパが高いLCC「ジェットスター」直行便でラクラク!ケアンズで大自然の癒やしを満喫しませんか?
トレンドはエアビー。around20女性が求める最新「ハロウィン」とは
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます