旅も人生も、もっと楽しく編集できる。

いまだにFAXって…外国人から見たニッポンのがっかりなところ

赤池リカ
赤池リカ
2019/05/14

海外へ行った際、慣れない外国の文化に戸惑ったり、いままで思っていたイメージとは異なる経験をした方もいるのではないでしょうか?

もちろん逆もあり、初めて日本に訪れた外国人からすると「イメージしていた日本と違う!」と思うこともあるようです。私たち日本人からしても「そんな想像をしていたの!?」なんてことも。

今回はイギリス出身で日本在住歴20年の男性韓国出身で日本在住歴8年の女性に、日本に来るまで勘違いしていたことをいくつか聞いてみました!

1.ニンジャやサムライがいない!?

image by: Shutterstock.com

「来日するまでは、日本にはニンジャサムライがいて実際に会えるって思っていたよ。特に僕はニンジャに会えることを楽しみにしていたけど、一般人に溶け込んでいるのか普段の生活で会ったことはないね(笑)でも京都の映画村にはニンジャがいたから、やっぱり日本にはいるんだ! って思ったよ(笑)」(イギリス出身/在住歴20年)

image by: Shutterstock.com

「黒澤映画が好きで日本文化に興味を持つようになったんだ。さすがに現代にサムライはいないけど、お爺さんにサムライだった人もいるのかと思って、日本人の友人に”あなたのお爺さんはサムライ?”と聞くと、違ったよ。」(イギリス出身/在住歴20年)

日本といえば「ニンジャ」や「サムライ」のイメージが強いとよくいいますよね。そのせいか21世紀になっても日本には「ニンジャ」や「サムライ」がいると思っている外国人も少なくないようです。

本当かジョークかはわかりませんが、いずれにせよ黒澤映画は日本のカルチャーとして海外に強い影響を与えたことに違いありません。いまの時代でも『七人の侍』は大迫力の名画です。

大学時代にドイツへ1年間留学。卒業後は旅行・グルメ・恋愛系のライターとして活動中。大好きなハンバーガーとビールのために、休日はボルダリングとヨガで汗を流す。

いまだにFAXって…外国人から見たニッポンのがっかりなところ
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます
ついでに読みたい