旅も人生も、もっと楽しく編集できる。

いまだにFAXって…外国人から見たニッポンのがっかりなところ

赤池リカ
赤池リカ
2019/05/14

2.働き方はとても「ハイテク」だと思っていた

image by: Shutterstock.com

「私がイメージしていた日本は、常に最先端でほかの世界よりも優れたアイテムを使って仕事をしているんだと思っていた。日本人は働きものだから最新の機器を使って効率よく仕事しているって思っていたけど、インターンで働いていた会社ではFAXが使われていたよ。」(韓国出身/在住歴8年)

image by: Shutterstock.com

「日本人と名刺交換したとき、FAXナンバーが書いてあった。一人だけじゃなく、ほぼ全員の名刺にFAXナンバーが記載されていたから最初は何かわからなかった。でも、どうしてもFAXで資料をほしいというビジネスマンもいるから、それに合わせているのは優しいと思ったよ。」(イギリス出身/在住歴20年)

多くの会社にはファックス機能を搭載したプリンターがありますし、コンビニからでも24時間FAXを送ることができます。

もちろん会社によってはFAXではなくEメールを推奨している企業もありますが、日本人にとってFAXは慣れ親しんだツールのひとつでもありますよね。

ちなみに外国でもFAXが使われているところもあるそうですが、ハイテクなイメージのある日本で使われていたことが意外だったのかもしれません。

大学時代にドイツへ1年間留学。卒業後は旅行・グルメ・恋愛系のライターとして活動中。大好きなハンバーガーとビールのために、休日はボルダリングとヨガで汗を流す。

いまだにFAXって…外国人から見たニッポンのがっかりなところ
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます
ついでに読みたい