旅も人生も、もっと楽しく編集できる。

パン大好きドイツ人が選んだ、本当に美味しい「日本のパン」ランキング

TRiP EDiTOR編集部 s
2018/10/06

ドイツ人が苦手な日本のパンは?

好きな日本のパンをランキングでご紹介しましたが、それでは逆に、苦手な日本のパンはあるのでしょうか。「あまり苦手なものは無いけど…」と言いつつ、ホフマンさんが教えてくれました。

第3位 食パン

image by:Shutterstock.com

ホ:子どもたちは給食で慣れていて気にならないみたいだけど、僕や奥さんはドイツ出身でドイツで育ったから、ふわふわした食感で、味がまったく無い食パンが苦手なんだ。

なんと、日本の朝の定番とも言える「食パン」がランクイン。食パンと言っても種類は多岐に渡り、厳密にいうと日本発祥のパンではありませんが、さらに聞くと、日本で人気の「ふわふわ、しっとりした食パン」が苦手なのだそう。

しっかりとした食感のドイツパンが主食なだけに、柔らかさを重視される日本の食パンは好みに合わないのかもしれません。

第2位 塩パン

image by:Shutterstock.com

ホ:食パンとは逆に、シンプルな見た目なのに味がしっかりしすぎて頭が混乱する。普通の見た目のパンは、バターとジャムたっぷりで食べたいな。

近年、日本でも人気を集めた「塩パン」が第2位となりました。ドイツでは惣菜系のパンはほとんどないらしく、逆に日本人はスイーツ系のパンや惣菜パンに慣れているため、パン自体に味が付いていても気にならず、見た目とのギャップも感じないのかもしれないですね。

ちなみに、美味しくて手が止まらなくなる塩パンですが、シンプルな見た目ながら意外とハイカロリーなためご注意を。

第1位 惣菜パン

image by:Shutterstock.com

ホ:焼きそばパン、明太子フランス、コロッケパンみたいなお惣菜が乗ったパンは全部苦手。家族もほとんど食べないね。なんで別々に食べないのかな? 惣菜系ではカレーパンだけが特別だよ。

ご家族満場一致で一番苦手に挙げられたのは「惣菜パン」でした。


味の無いお米とおかずを順番に食べ、口内でご飯に味付け(調味)をする「口中調味」は、日本独特の文化です。主食とおかずを別々にそれぞれを楽しむ外国人にとって、パンにそのままおかずが乗った惣菜パンは受け入れにくいようですね。

TRiP EDiTORは、「旅と人生をもっと楽しく編集できる」をコンセプトに、旅のプロが語りつくす新しい旅行メディアです。

パン大好きドイツ人が選んだ、本当に美味しい「日本のパン」ランキング
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます
ついでに読みたい
 その他のエリア 韓国人と中国人が気になっていた、日本とは微妙に違う礼儀作法 ★ 242
 国内 秋の絶景を車窓から。紅葉に出会えるローカル列車の旅 ★ 705
 長崎 300年以上の歴史がある長崎「眼鏡橋」に隠された、ハートなストーン ★ 23
 国内 6千人のユダヤ人が上陸した過去も。鉄道と港の町「敦賀」の意外な歴史 ★ 255
 全国 「ふんどし」よ、世界へ。オシャレで健康的な日本の伝統下着に大注目 ★ 203