旅も人生も、もっと楽しく編集できる。

第三の家。蔵王の森がつくる美と健康の温泉宿「ゆと森倶楽部」

神楽坂ユリア
神楽坂ユリア
2018/10/23

湯量豊富な自家源泉、自然の音を聴きながら楽しむ癒しの湯浴み

同施設のお風呂は、慶長年間400年の歴史を誇る、遠刈田(とおがった)温泉です。

温泉浴・森林浴・マイナスイオン浴が一度に味わえるかけ流しの渓流露天風呂「川の湯しかく・まる」は、その楽しいかたちに思わずほっこり。さらりとした美肌の湯で、クリやコナラの自然林に抱かれ、眼前には渓流「小阿寺沢」が流れています。

風に揺らぐ葉音、せせらぎ・鳥のさえずりに癒されます。夜にはライトアップされ、幻想的な雰囲気も味わえますよ。

また館内の大浴場は、内湯、露天、寝湯・サウナ・水風呂つきです。女性浴場には、湯サイドテラスがついた露天風呂も。シャワーヘッドは、グローエ社製のレインシャワー。「全身をやわらかな雨に包まれるような心地よさ」がたまりません。

今求められている「サードプレイス」

おおらかな自然のもと、四季折々に充実したステイスタイルを楽しめる同施設ですが、訪れてみると1泊だけではではとても味わえ尽くせないと感じました。実際、連泊客が多く、リピート率が非常に多いのが特徴のひとつであり、そのことから今「サードプレイス」が求められているのではと考えます。

「サードプレイス」とは、家庭や職場の役割から解放されて寛げる「第三の居場所」のこと。「理想の日常」をコンセプトにサービスのあり方を探求してきたことで、同施設は「サードプレイス」の考え方が人々から支持を得て、リピーターの獲得へとつながっているのです。

日常の喧騒を離れ、リフレッシュでき、セカンドハウスのようにメンテナンスも維持管理の必要もなく、好きな時に好きなだけ滞在できて、大自然のエネルギーをチャージした後は、元気になって日常の中に戻っていく。「ゆと森倶楽部」には、訪れる人を元気にしてくれる不思議なチカラがあるように感じました。一度訪れたらまた来たくなる、やみつきになるのも納得です。

なお、2018年10月から2019年2月末までは、セレクトフレーバーのオリジナル紅茶と一緒に読書を楽しむ「Books&Cafe」を開催中。ブランケットが恋しくなる季節、暖炉ラウンジで燃える薪の香り、はぜる音を聞きながら、ゆったり大人の旅を楽しんでみてはいかがでしょう。

観光地情報
  • 「蔵王の森」がつくる美と健康の温泉宿 ゆと森倶楽部
  • 宮城県刈田郡蔵王町遠刈田温泉字上の原128
  • 0224-34-2311
  • https://www.yutomori.com/

写真提供:「蔵王の森」がつくる美と健康の温泉宿 ゆと森倶楽部


神楽坂ユリア

仙台在住のコピーライター。新・美・楽を探求する、コスパ重視の情報通。地元宮城、ふるさと山形など東北の旅情報に強い。

 その他のエリア 韓国人と中国人が気になっていた、日本とは微妙に違う礼儀作法 ★ 257
 国内 秋の絶景を車窓から。紅葉に出会えるローカル列車の旅 ★ 721
 国内 絶景と温泉の境界が溶け合う「インフィニティ風呂」が日本でも流行中 ★ 226
 関東 秋の紅葉もセットに。日帰り「フルーツ狩り」が空前のブーム ★ 57
 全国 オトナの秘密基地。世界に認められた日本のすごーい図書館 ★ 1624
SoftBank光 SB光への乗り換えで3.8万円キャシュバック&他社違約金も満額還元中!
保険見直し本舗 プロが無料で教える!無駄な保険をリストラしつつ保障を維持する方法
第三の家。蔵王の森がつくる美と健康の温泉宿「ゆと森倶楽部」
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます