旅も人生も、もっと楽しく編集できる。

あえて中心地を離れる上級者の旅。自然豊かな京都「宇治」巡り

小林繭
小林繭
2018/11/10

多数の観光地がある日本ですが、一年を通して大人気のディスティネーションといえば「京都」です。特にこれからの季節は、紅葉で赤や黄色に美しく染まった寺町の風景目当てに、大勢の観光客でにぎわいます。

image by:jannoon028/Shutterstock.com

そして京都の旅は、どこをメインに見てまわるかを決めるのが重要です。一口で京都といっても、これがなかなか広域に渡り、見どころも点在しているので、今回は何を一番のお目当てにしようか?と悩みます。

そこで観光シーズンまっさかりのこの時分、あえて中心をはずした京都旅をおすすめします。例えば、宇治あたりに足をのばし、そこだけをゆっくり楽しむなんてプランはいかがでしょうか。

宇治のシンボル「平等院」で平安の美に触れる

平等院

世界遺産「平等院」があることで知られる宇治は、京都の南に位置します。京都駅からの所用時間は電車で約1時間。町の中心を宇治川が流れ、緑が生い茂る山々に囲まれる、とてものどかな場所です。

宇治川を挟んで両側に、平等院宇治上神社興聖寺といった仏閣・寺院が点在するので、宇治観光は常に宇治川の景色を眺めながら楽しむことになります。

平等院鳳凰堂の鳳凰

宇治を訪れる人がまず足を運ぶのが「平等院」です。1052(永承7)年、時の関白だった藤原頼通によって開かれた寺院で、鳳凰堂の屋上に据えられた鳳凰像一万円札に印刷されていることでもおなじみです。

建築はもちろん、彫刻、工芸、絵画など数々の国宝が並ぶこの寺院は、まさに我が国の至宝といえます。現在、鳳凰堂内部は修復中で阿弥陀如来坐像が安置された部屋の全貌を見ることはできませんが(阿弥陀如来坐像の観覧は可能)、敷地内に併設されたミュージアムの鳳翔館では、最新の技術により鳳凰堂が造られた当時の再現イメージを体験することができ、そのきらびやかさに驚くはずです。

週末ともなればものすごい数の拝観客であふれるので、行くなら朝一番の早い時間がおすすめです。

小林繭

東京生まれ、湘南生息中のフリー編集ライター。沖縄、ハワイ、島、旅モノやロハスネタを発信中。All About沖縄ガイド。目下、踊れる編集ライター目指し趣味のフラメンコに取り組む日々。

あえて中心地を離れる上級者の旅。自然豊かな京都「宇治」巡り
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます
ついでに読みたい
 国内 心奪われる秋の絶景。日本の美しい紅葉スポット10選 ★ 293
 国内 秋の絶景を車窓から。紅葉に出会えるローカル列車の旅 ★ 705
 京都 「下らない」と「下りもの」の語源に隠された、京都と江戸の上下関係 ★ 25
 福井 「晴明神社」は京都だけじゃない。北陸のレトロな港町・敦賀を行く ★ 14
 京都 「華やかな北山」と「わび・さびの東山」。京都が見せる意外なふたつの顔 ★ 63