旅も人生も、もっと楽しく編集できる。

忘・新年会、決まってる?みんな満足する「食べたい鍋」TOP10

TRiP EDiTOR ニュース
2018/11/28

もうすぐ12月。寒さも厳しくなり、温かい鍋料理恋しくなる季節がやってきました。具材が豊富な鍋料理は、忘年会や新年会など大勢ワイワイと楽しむ場面にもぴったりです。でも鍋料理は種類もたくさんあり、どの鍋にするか迷ってしまう人も多いのではないでしょうか。

今回、クーポンマガジンの『HOT PEPPER』2018年11月号にて、全国の20~30代の男女1,044人を対象に「みんなの食べたい鍋ランキング2018」を調査しました。さっそく、ご紹介いたします。

第10位 カニしゃぶ(22票)

image by:jazz3311/Shutterstock.com

カニしゃぶ」が2017年の12位からランクアップし、今回TOP10入りしました。基本的に冬が旬のプリップリなカニを、昆布ダシなどにササッとくぐらせて熱々を食べれば至福の時が訪れます。

カニをさばいて殻を剥くのが面倒だと感じる人もいるかと思いますが、お店で提供されるものなら、すでに殻剥きの処理がされ、剥き身状態も多くありますよ。

私たちがするのは、カニをただただしゃぶしゃぶして、いい頃合いにかぶりつくだけ。カニしゃぶなら手軽にカニを楽しめますね。

第8位 豆乳鍋(33票)

image by:yasuhiro amano/Shutterstock.com

今回同率で2つの鍋が8位にランクインしました。ひとつめは健康的なイメージがある「豆乳鍋」です。豆乳をダシで割ったりミソを入れたりするため、そのままの豆乳は少し苦手という人でも食べやすくなります。また豆乳自体、女性にとても人気で、キノコや鶏肉などのヘルシーな具材とも相性抜群です。

クリーミーでコクのあるスープは、ほかの鍋ではできないようなシメも味わえ、ごはんとチーズを入れた「リゾット風」にしても最高です。

第8位 ちゃんこ鍋(33票)

image by:KPG_Payless/Shutterstock.com

豆乳鍋と同率の「ちゃんこ鍋」は、2017年からワンランクアップ。「ちゃんこ」とは力士の食事を意味しています。激しい稽古に耐え、相撲をとれるような体になるために力士自らが料理した鍋をよく食べていたことから、「ちゃんこ鍋」としてひとつのジャンルになり、認知が広がったとされています

しょうゆやミソなど味付けもさまざまで、具材も特定のものはなく、とにかくバリエーションが豊富な鍋料理といえますね。

TRiP EDiTORは、「旅と人生をもっと楽しく編集できる」をコンセプトに、旅のプロが語りつくす新しい旅行メディアです。旅行に関するトレンドニュースをお届けします。

忘・新年会、決まってる?みんな満足する「食べたい鍋」TOP10
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます
ついでに読みたい
  日本食を愛する台湾人が決める「ここがうまい日本の外食チェーン店」 ★ 647
 台湾 台湾人に恋した日本の20代女子が、夜の台北でバカになれなかった話 ★ 43
 国内 いま食べたい日本の絶品「ハンバーガー」、百名店が決定【2018】 ★ 161
 全国 世界に誇る日本食。いま食べたい日本の絶品「そば」百名店【2018】 ★ 210
 全国 飲みたくなるほど愛してる。いま食べたい日本の絶品「カレー」百名店【2018】 ★ 153
 全国 うどん県だけじゃない。いま食べたい日本の絶品「うどん」百名店【2018】 ★ 115